ブログ内検索

2016年11月16日 (水)

無限

 今朝は、『日々の祈り』(谷口雅宣著、生長の家刊)を読んでいて、次の一節にハッとした。
「変化の中に不変があり、不変の中に多様性がある」(「日々新たに生まれる祈り」p134より)
 ああ、今、自分が伝えたいのはこれなんだな、と思った。
 多様性というのは、すなわち、無限であるということ。
 有限の中に無限があり、無限の中に多様性がある、とも言えると。 
 内にも外にも無限が展開する世界。
 
 そこに思いを寄せられるか。
 無限を意識できるかどうか。
 そこが肝心なのだろう。
 無限ということは限りがないこと。
 だから、すべてとつながっている。
 それを終始一貫、徹頭徹尾、意識できるかどうか。
 
  一即多
 次の講演のテーマが見えてきた朝
 
  すべてはつながっている

2016年11月15日 (火)

寝る前の祈り

最近うれしいことは、小4の三男が
就寝前に、「お父さん、お祈りするよ」と誘ってくれること
和室に行くと、布団が敷いてあって、そこに三男のお経が用意されている
「お父さんのは自分で持ってきてね」
神棚に向かって礼拝し
招神歌(かみよびうた)という短い祈りを一緒に唱え
生長の家のお経である『甘露の法雨』の「神」の項だけ
三男が先導し、声に出して一緒に読む
そのあと、短い「光明思念の歌」を唱えて
再拝して終わり
10分ほどの短い時間だけど、とっても気持ちがいいし
そのあとすぐに寝るので、いい眠りができる気がする
片や早朝に行う先祖供養も、一緒にやってくれることもあり
たぶん、夜にもやりたくなったんだと思う
子供っていうのは まわりをよく観察していて
興味を持ったことはすぐにマネをしたがるもの
ギターも、お祈りも、フェスタも
自分でやらないと気がすまない
表現したい気持ちでいっぱいなんだろうな
なんでも面白がってやる
子供はきっと今を生きる天才
いつまでも、そんな「子供」を生きたいな

2016年7月28日 (木)

小さな光

もう生きていたってしょうがないと
ポツリつぶやく横顔を見て
これから楽しいことがたくさんあるさと
肩を抱いて揺らした日
小さな光はどこにある
君の瞳の奥にある
つまらない人生に思えるとき
ふと周りを見渡してごらん
一人ひとり違うから。顔も声も生き方も
人の人生は生きられない
小さな光はどこにある
私が生まれたここにある
生きている、ただそのことがうれしくて
君の手を握るよ、強く優しく
私がいる、それだけで微笑んでいいよ
共に歩もう、いつまでも
生まれて良かった
目覚めて良かった
君がいるから
私がいるから
光があるから
小さな光は今ここに
そっとこの手で抱こうね
光をたくさんひろい集めて
高く、大きく、両手広げて
大空いっぱいに光を解き放とう
君だけの人生を
大切に胸に抱きしめて
微笑んで歩こうね
光に満ちた明日に向かって
幸せは、今ここにあるから!
Pap_0054

2016年7月22日 (金)

アクアパッツァを作る

久々に家族全員がテーブルを囲んでの夕食
得意のアクアパッツァ(魚介の煮込み)を作りました
パンにスープをつけて食べるとおいしいんですよ
フライパン一つでできる簡単レシピ
やっと約束が果たせて良かった!
Photo

2016年3月11日 (金)

霧の河口湖

霧の河口湖もいい
長男と二人きりのランチはイタリアン
チャイもいただいちゃいました。^^
愛に満たされた3時間
3
1
2

2016年3月 8日 (火)

わたしたちは一つ

わたしの中に幸せがあるから

筆をもつと幸せがでてくる。
わたしの中に感謝があるから
筆をもつと感謝がでてくる。
あのひとに届けるわたしの気持ち
ありがとう。
うれしい。
あなたを讃える
わたしを讃える
ともに生きる
わたしたちは一つ
Tk_eft_20160308

2016年3月 7日 (月)

ニューヨークからの絵封筒

ニューヨークのmarioさんから絵封筒(efuto)が届きました。
中には温かいお便りも。
チューリップでしょうか。
春の到来を告げるかのような鮮やかな色彩に心が躍ります。
ありがとうございます。
Mario_efuto_20160306028

2016年2月25日 (木)

心晴れ

本日も、心晴れ! ^^

1

2016年2月24日 (水)

ありがとうの気持ち

お土産にいただいたクッキーの箱
絵手紙ならぬ“絵箱”のようで心躍りました
ありがとうの気持ちを絵筆にたくして。
Tk_efuto20160222

会いに行きたい

私の講演会に来られなかった方から
心温まる手紙と菓子の差し入れをいただきました。
木製のシカに私の気持ちを込めて。
Tk_etgm_20160223027

2016年2月16日 (火)

つくりばなし

毎晩、三男と一緒に寝床に入るときに、「つくりばなしして〜」と
ニコニコ顏でせがまれます。
つくりばなしというのは、一種の創作ばなしです。
近所の人や教師など、息子が知っている人が出てきたりします。
即興でストーリーを考えながら話すのですが、
こちらも早く寝たいので、連続ものにして、なるべく早く切り上げます…笑
事の発端は、ある夜、私が通うギター教室の様子を話して聞かせているうちに、私がウトウトしてしまい、無意識にピザの話を口走ってしまったのです。
息子は、なぜ、急にピザの話になったかがわからず頭の中が「???」。
そこで、私はひらめき、ギター教室の先生が突如、ピザ職人に変身する話につなげました。
その奇想天外さ、おおげさなアクションが子供にとって面白かったらしく、以来、「つくりばなしして〜」とせがまれるようになりました。
今進行中のストーリーは、三男の担任の先生と一緒に出かける物語です。
息子やN先生の声色を真似て会話を進め、お菓子の工場見学に行ったりします。
毎回、「なんでそうなるの〜」というオチを考えるのに苦労しますが、いつも笑いながら眠りについてくれるといいな、と願っています。^^

2016年2月13日 (土)

とびっきりの幸せ

明け方、同じフトンで横に寝ていた三男が
小さな声でケラケラ笑い出した
目をつむったまま実に楽しそうに
お父さん、変な夢みたよ
寮の中(敷地内の道路)を先生たちが競走してた
(担任の)N先生もいたよ…笑
お父さんもいたら良かったのに
今朝のとびっきりの幸せ

2016年2月12日 (金)

イイ日に生まれてきたね!

2/11、愛する次男の誕生日。
DJ気分の三男が流すBDソングに合わせて、全員で合唱。
近所で唯一のケーキ店で初めて購入したホールケーキを切り分けました。
11(イイ)日に生まれてきたね! ^^
1

2016年2月 4日 (木)

待つ時間も楽し

昼休み、モーニングセットを食べにカフェ・アロアさんへ。
ちょうど店内でコーヒー豆を焙煎中でした。
原稿を読みながら待つ時間もまた楽し。
2
1

2016年1月31日 (日)

新年会/ギター教室

ギター教室の新年会に、三男坊を伴って出席しました。
集まった20人くらいのうち、大半が私より年上の男性でびっくり。
「新しい曲を習っても、前に習った曲を忘れていく」という話に深くうなずく私…笑
マスターした曲も繰り返して練習するなど、皆さん工夫されているようです。
いい刺激と、生徒同士の“横のつながり”をいただきました。
写真は、くじ引きでいただいた景品。親子ともども入浴剤でした。似た者同士の二人デス。
北杜市長坂町@ギター教室「ギタリオ」
1

2016年1月30日 (土)

はるかぜ

春におもいをはせて。
「いのちのみのり展」に水彩画を出品
生長の家原宿“いのちの樹林”@展示スペース


1

2

3

2016年1月22日 (金)

うれしい日

描きたい気持ちになれたことが、うれしい日
色も形もはずむ
@わたしの部屋
1

2016年1月19日 (火)

青空に光るつらら

大雪の後、青空に光るつらら
今日もきっといい一日に
長坂@家族寮
1

2016年1月15日 (金)

愛を感じる日

長女が就職を希望する地元企業の面接に同行。
帰りにふらっと寄った店で、うな丼のランチを食す。
西へ東へ奔走の日も、出会う人々の愛を感じて満たされる。
南アルプス市@割烹伊勢屋
1

2016年1月 7日 (木)

アトリエにて

1_2

午後のひだまりの中、しばし黙想して、1時間半ほど水彩画を描く。

窓から山々が見えて、すがすがしい気分
@集会所/アトリエ

2016年1月 4日 (月)

甲斐駒ケ岳の夕日

1

1月3日の甲斐駒ケ岳方面の夕焼けです。 年始から家族で大掃除。ようやく各部屋がすっきりして、気分も爽快に。 自分の内と外に向かうバランスをうまくとれるように試みています。

2015年12月28日 (月)

車麩の八宝菜

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月28日】
 車麩の八宝菜
 おはようございます。
 昨夜は、子供たちと一緒に、車麩(くるまふ)の八宝菜を作ってみました。
 冬休みに入った高3の長女が、野菜を炒めるまでを担当。車麩の下味付けから、片栗粉をふりかけて油で揚げるところまでを、私と長女と三男の共同作業で行い、仕上げのとろみと味付けを私が担当しました。
 長女は、味噌汁と、ポテトサラダも作ってくれました。
 例によって、揚げたての車麩は大人気。ひと口だけの味見に行列!?ができました…笑。
 前回の反省を生かし、車麩の唐揚げと野菜炒めを合わせるのは最終段階とし、カリッとした唐揚げの食感を生かしました。おかげで車麩がいいアクセントになりました。
 車麩の唐揚げは、やっぱり美味しいです。
 子供たちも大好きで、「まるで肉じゃん」と言いながら、パクパク食べてくれます。
 食後は、山のように重なった食器の洗浄がタイヘンでしたが、いい夕食になったと思います。
 先月足を骨折した妻が回復するまで、子供たちと協力しながら、料理のサポートを続けたいと思っています。
 今日も、お元気で!
1
2

2015年12月27日 (日)

小さな旅

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月27日】

おはようございます。

すり切れたジーンズをはいて
自分の足で旅に出る
オンからオフへ
コトリコトリと列車がゆれ
小さな旅がはじまる

今日も、お元気で!

Image


2015年12月26日 (土)

光の帯

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月26日】
 光の帯
 おはようございます。
 冬の夜明けは、ことのほか美しく
 ひんやりと張り詰めた空気の中で
 帯のような光を輝かせています。
 
 この透き通った空気が
 地球上のどこにでもあるわけでなく
 時に粉塵で汚れ
 外で生きることさえも難しいと知る時
 当たり前が当たり前にあることの尊さを思います。
 
 汚れたものに目をつむるのではなく
 自らの生活を省みるよすがとし
 遥か彼方を思い
 目の前の一つ一つの選択に
 偽りの心ではなく
 本心を生かせる自分であるように
 肝に命じたいと思います。
 光の帯が、やがて彼方にも広がるように
 今日も、お元気で!
Dscf5416_1

2015年12月25日 (金)

嵐山

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月25日】
 嵐山
 おはようございます。
 家族、親戚と一緒に、京都・嵐山に行ってきました。子供たちが好きなので、帰省するとよく行きます。
 オルゴール博物館に、ぶらり街角散策。
 観光客の姿が目立ちますが、落ち着いた街並みに心なごみます。
 ちょっと裏通りに入ると、普通の民家が、京都らしい佇まいを残していたり、観光客の目を意識して、美しくディスプレイしているのが分かります。
 まったく観光地化されてしまうと興ざめなのですが、京都の場合は、古き良きものを残して生かしつつ、独創的な新しいものを生み出そうとしているところが好きです。
 この日も、人型の布製オリジナルポーチを手づくりで販売しているオシャレな店がありました。今まで見たこともない色や形のアイディアでした。
 ディスプレイの方法も含め、いいものに触れたという気がしました。
 とんぼ返りの京都の旅でしたが、子供たちも旅を満喫してくれて良かったです。
 今日も、お元気で!
1
2
3
5
4
6
7

2015年12月24日 (木)

カラオケを楽しむ

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月24日】

カラオケを楽しむ

おはようございます。
昨日は、家族と一緒にカラオケを楽しみました。
主役はやっぱりこの人。
振り付けコミで、ノリノリでした。
なかでも、miwaさんの『360℃』と、いきものがかりの『ジャンプ!』は、ダンス付きで、大盛り上がり。
楽しませてもらいました。

今日も、お元気で!

Image


2015年12月23日 (水)

親切に生かされて

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月23日】
 親切に生かされて
 おはようございます。
 先日、自宅から約80キロ離れた山梨県都留市の病院まで、カーシェアリングで借りた電気自動車(日産リーフ)に乗って見舞いに行ってきました。
 途中で充電が必要なのはわかっていたのですが、エコモードでも約120キロしか走れないことが乗ってからわかり、どこで充電するか思案しながら走りました。
 病院に到着すると残りの走行距離が30キロを割っていました。ちょっとあせりました。なので、充電スポットを検索し、4キロ離れた日産の販売店へ。でも、その店には急速充電器はなく、200Vの充電器があるだけでした。でも、有難いことに無料でそれを使わせてくれて、しかも、店長さんが病院までの送り迎えをしてくれるとのこと。
 約1時間、そこで充電してもらった結果、走行距離が70キロまで回復。電気の残量ギリギリで途中の双葉サービスエリアの急速充電スポットまでたどり着き、事前に職場の同僚から借りた充電カードを使って約30分でフル充電し、無事、帰宅することができました。
 自分の無計画さを反省するとともに、身に受けた親切にしみじみと感謝の気持ちがわいてきました。
 こころよく充電カードを貸してくれた知人、突然の来訪者に対して親切を尽くしてくれた店長さんに助けられた旅でした。
 電気自動車で遠くへ行くときは、ちゃんと充電計画を考えないといけませんね。これを教訓とします。
 今日も、お元気で!
Ev

2015年12月22日 (火)

ステキな贈り物 〜森の中の交友会

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月22日】
 ステキな贈り物 〜森の交友会
 おはようございます。
 昨日は、この季節の恒例となりつつある「森の中の交友会」が職場のホールで開催されました。
 クリスマスシーズンにちなんで、99人の参加者一人ひとりが、手づくりの品物(作品)を持ち寄って、くじ引きをしてプレゼントを交換するのです。
 その手づくりの作品も、自然素材やリサイクル素材を主に用いるなど、自然環境に配慮したものです。
 集まった作品は、多種多様で、手づくりのジャム、端材を使った木工製品、手書きのポストカード、木の実を組み合わせた置物など、実に魅力的なものばかりでした。
 作者は匿名で、作品をもらった人が、中央の特設ステージに登壇して、作者のコンセプトと作品を皆に紹介していくのです。
 私がいただいたのは、石でできた小鳥のペーパーウェイト(おもし)と、卵の殻(から)で作ったキャンドルでした。
 まず、アイディアがいいですよね。物語性があります。
 そして、箱から出してみてびっくり、石の形を生かしつつ、嘴(くちばし)に加工が施されているのです。表情をつくるために、部分的に石を削っているのですね。これは、手間がかかります。
 ペーパーウェイトが欲しかったので、ぜひ、職場で書類を扱う際に使わせていただきます。
 あとで気がついたのですが、私が提供した作品も、いただいたキャンドルと同じ素材のものでしたので、不思議な縁を感じました。
 参加者の皆さんの真心がこもった手づくりの作品にたくさん触れて、心がぽかぽか温かくなりました。
 ありがとうございました。
 今日も、お元気で!
1
2
3
 
4  

2015年12月21日 (月)

早暁三景

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月21日】
 早暁三景
 おはようございます。
 晴れた日は朝焼けが美しい季節ですね。
 2、3日前の早朝、天気はどうかな、と思ってベランダに出てみると、それは見事な朝焼けが180度に広がっているのが見渡せました。
 富士山のシルエットも、くっきりと見えました。
 自然を感じ、清まった気持ちで、スタートを切りたいです。
 今日も、お元気で!
Dscf5349_1
Dscf5350_1
Dscf5347_1

2015年12月19日 (土)

雪化粧

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月19日】
 雪化粧
 おはようございます。
 昨日は、道が薄っすらと雪化粧しました。
 コンクリートのひび割れした部分が、おもしろい形に雪を積もらせていました。
 サンマのような、子持ちししゃものような、船のような…。
 太く細く雪が描く模様は、まるで路上の絵のように、さまざまな想像をかきたててくれます。
 雪は、風にゆれ、樹上に積もり、地上を清らかな白い世界へと変えていくのです。
 ときめきの冬。
 内実を期すこの胸に
 降り注ぐ雪
 今日も、お元気で!
Dscf5343_1

2015年12月18日 (金)

カブのしょうが焼き

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月18日】
 カブのしょうが焼き
 おはようございます。
 昨日は休日でしたので、昼食をつくってみました。
 先日、知人から無農薬有機栽培のカブ類をたくさんいただいたので、いろんな料理にチャレンジしています。
 家族に好評なのが、これ、「カブのしょうが焼き」です。ネットのレシピを参考にしたのですが、ポイントは、生姜(しょうが)の絞り汁だけを使う点。それに、しょうゆとみりんを加えたタレをカブを炒めた後にからめます。
 カブは、両面に焼き色を付ける感じです。葉や茎の部分も、もちろん炒めて食べます。
 肉が入っていなくても、十分にご飯が進みますので、お子さんがいらっしゃるご家庭にも、ぜひ、おすすめです。
 一方のししゃもは、フライパンで焼いてから、リンゴ酢をかけていただきました。
 今朝は、昨日から仕込んだ赤カブの甘酢漬けをいただくつもりです。
 一つの食材も、いろんな料理に使うことでバリエーションがうまれ、味わい豊かな食卓となります。そこに、調理の魅力がありますね。
 今日も、お元気で!
Dscf5327_1

2015年12月17日 (木)

プチ同窓会

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月17日】
 プチ同窓会
 先日、私の帰省に合わせて、美術高校時代の恩師や同期の旧友たち5人が集まってくださり、プチ同窓会を行いました。
 会場は、同じ高校の先輩がご夫婦で経営されている和食店「京彩和食 こばやし」でした。
 京都の古い町屋を改装したお店で、昔自分が住んでいた実家を思い出させるガラス戸や、庭に面した廊下がありました。
 京都の昔ながらの家は「うなぎの寝床」と言われて、間口は狭く奥行きが深いのです。しかも「母屋」と「離れ」があって、それらが庭に面した廊下でつながっている。うまく外の自然を取り込んだ設計になっています。
 私の生家は、夜トイレに行くのにまっ暗い庭に面した廊下を通らねばならず、幼少時は怖くて親について来てもらったこともあります。
 さて、この日のメニューは、海鮮白味噌鍋。京都らしい、まろやかな白味噌仕立てのスープでした。締めは、細うどんを入れていただいたのですが、魚介類のエキスがスープに抽出されて絶妙の味でした。
 恩師や同窓生との語らいも楽しく、近況や思い出話に花を咲かせました。思った通り、恩師は母校の教頭に出世されていました。
 自分が元気でいることでまわりの人も幸せにできる。
 人生の折り返し点に立つ今、自らの体をいたわりつつ、元気で長生きしなければならないと、強く思ったことでした。
 年末の多忙な中、時間をつくって会いに来てくださった恩師と旧友に心から感謝しています。
 皆さま、今日も、お元気で!
【店舗情報】
○京彩和食 こばやし
住所:京都市下京区猪熊通四条下る松本町283‎
アクセス:阪急「四条大宮」駅から徒歩2分
営業時間:11:30-14:00、17:30-22:00(水曜定休)
電話:075-201-7722
Dscf5304_2
1_3

2015年12月16日 (水)

野菜ゴロゴロ・トマトシチュー

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月16日】
 野菜ゴロゴロ・トマトシチュー
 おはようございます。
 昨夜は、野菜がたっぷり入ったトマトシチューをつくりました。
 子息が無農薬栽培の農業をされている知人からカブをいただいたので、それを使わせていただきました。
 そのほかの野菜は、玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、マッシュルームで、缶入りのカットトマトをベースに使用しました。
 野菜は、フライパンで炒めてから鍋で煮込みます。
 出汁は、利尻昆布と干し椎茸です。
 味付けは、塩とみりん。隠し味に、てんさい糖を少しだけ入れました。
 昨日の朝に煮込んで、火を止めて、そのまま一日置いておくと、夕食時には、ちょうど良い加減にとろみが出て、塩加減等を調整するだけでOKでした。
 家族それぞれが、おかわりをしてくれたので、ほっとひと安心です。料理は人それぞれ好みがあるので難しい面があります。自分の好みで作るのは楽なのですが、家族が食べる場合は、好みの最大公約数的なところにポイントをおいて作るようにしています。
 自分を無にする、いいお勉強ですね。
 今日も、お元気で!
Dscf5322_1

2015年12月15日 (火)

奈良のベジタリアンレストラン

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月15日】
 奈良のベジタリアンレストラン
 おはようございます。
 奈良に出張に行った際に、奈良市内にあるベジタリアンレストラン「喜菜亭」で食事をいただきました。肉も魚介類も食さないというベジタリアン歴30年の“お母さん”の店です。
 現地の知人に教わったのですが、皆さんに紹介したくなるほどの素晴らしさでした。
 少量で多彩な一品料理の数々を味わったのですが、中でもユニークだったのは写真の鯖(サバ)の塩焼きのような一品。
 これ実は、サバではなく、大豆たんぱく、湯葉(ゆば)、海苔を素材にした“ものまね料理”なんです。
 身は、大豆たんぱくと湯葉、黒っぽい部分は海苔。そして、薄皮のように見えるカリッとした部分は、湯葉なんです。よく出来てますでしょう?
 断面を見ても、実に“本物”に似ています。
 ほかにも、大豆と湯葉のナゲット、小松菜とニンジンとにがり豆腐のチャンプルー、大豆たんぱくとコンニャクとキャベツのミニお好み焼き、4種の味噌をブレンドした味噌汁など、無農薬栽培の野菜、添加物の入っていない良い調味料を使い、出汁は昆布と椎茸のみ、というこだわりようです。
 しかも、どの料理もとてもおいしいのです。
 英語と中国語が話せるママさん(日本人)は、とてもきさくで、一品一品、料理を説明してくれます。
 奈良は観光の街ですので、海外からのたくさんの旅行者が口コミだけで店を訪れるそうです。
 店内には、世界地図と日本地図が貼ってあり、来店者は、母国や所在県にシールを貼ります。びっくりするほど、いろんな国にシールが。
 山梨県からは初の来店者ということで、私もシールを貼ってきました。
 ランチプレートは1200円。奈良市を訪れる際には、ぜひ、お訪ねください。家庭的な温もりのある、良いお店です。
 今日も、お元気で!
【お店情報】
○喜菜亭(きなてい)
奈良市杉ヶ町25-1 生涯学習センター正面(JR奈良駅から徒歩5分)
定休日:月曜・祝日
営業時間:11:30-14:00 夜は完全予約制
Dscf5286_1
Dscf5287_1

2015年12月14日 (月)

やっぱり京都に

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月14日】

やっぱり京都に

おはようございます。
昨日は、奈良市で仕事を終えた後、ふるさと京都に立ち寄りました。
離れてみると、この京都タワーも懐かしいものです。
ここ数日、暖かいということで、夜もコート要らずという感じ。
旧交を温めて、帰路に就きます。
今日も、お元気で!

Image


2015年12月13日 (日)

西へ

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月13日】

西へ

おはようございます。
昨日から、出張で奈良に来ています。
最寄り駅から始発に乗って、初めて身延線経由で静岡駅で新幹線に乗り換えて、京都、奈良へとたどり着きました。
合わせて5時間4分の旅でした。

途中、静岡県内に入ると、車窓から茶畑が見えたり、海岸線から駿河湾が垣間見えたり、新鮮な景色が楽しめました。

奈良駅に着くと、奈良マラソンの関係者の姿がたくさん見られました。道理で、宿舎の空きが少なかった訳です。

そして、駅のすぐそばにある「なら100年会館」へ。
まさに近代建築という感じのデザインでした。
内装に木材がたくさん使われていたので、好感を抱きました。
今日ここが生長の家講習会のサブ会場になります。
私は運営のサポートを担当します。
たくさんのいい出会いがありますように。

今日も、お元気で!

Image


2015年12月12日 (土)

車麩の煮物

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月12日】
 車麩の煮物
 おはようございます。
 昨日の夕食は、車麩(くるまふ)の煮物を作ってみました。
 レシピを参考にして、水で戻した車麩をいったん絞り、しょうゆとみりんをベースとしたツユで軽く下味をつけ、全体に片栗粉をまぶして油で揚げました。
 カラリと揚がって美味しそうだったので、家族と一緒にかじって味見すると、唐揚げのような食感が楽しめて、なかなか美味しかったです。
 それを、じゃがいも、ニンジン、干し椎茸、しらたき、昆布と一緒に煮込むと、車麩が豚の角煮みたいに見えて、面白かったです。
 車麩は、煮込むほどに味が染み込んで柔らかくなり、それはそれでおいしかったのですが、揚げたての車麩が好評だったので、次回は、ぜひ、車麩の唐揚げをメインのおかずにしたいと思います。
 料理は、クリエイティブな要素があって楽しいですね。
 今日も、お元気で!
2

2015年12月11日 (金)

朝6時35分の朝焼け

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月11日】
 朝6時35分の朝焼け
 おはようございます。
 昨日もここ北杜市は晴れて、早朝、干し柿を取り入れるために、ベランダに出てみると、それは見事なオレンジ色の朝焼けが東方に広がっていて、「おっ!」と思わず声が出てしまいました。
 しかも、富士山もくっきりと見えていたので、格別でした。
 午後から所用で河口湖方面の都留市まで出かけた際にも、冠雪した雄大な富士をアップで見ることができました。山頂に連なる積雪が描く白い模様が美しく、絵に描きたいほどでした。
 こちらは、高速道路で車を運転中でしたので、撮影は叶わず。いつか、ナイスショットを狙います。
 昼は、きつねうどんをつくりました。
 気分は関西です。
 今日も、お元気で!
Dscf5238_1
Dscf5245_1

2015年12月10日 (木)

エビフライ? いえ、そっくりさん

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月10日】
 エビフライ? いえ、そっくりさん
 おはようございます。
 昨日のオフィスの食堂のランチメニューは、一見、エビフライ定食に見える華やかさでした。
 種明かしすると、実はこれ、ニンジンを細長く切って衣を付けて揚げ、エビフライに見立てたものです。
 さぞかし大きなエビが入っているように見えますでしょう? ほんとに、そっくりさんです。
 
 気になるお味の方は…、これが、イケるんですね。油で揚げることで、ニンジンの甘みが増すのでしょうか、すごく甘くておいしいんです。 
 以下、この日のメニューを紹介しますね。
 ・人参のフライと豆とコーンの白和え(手作りフレンチドレッシング)
 ・ほうれん草のナムル
 ・オニオンスープ
 このオニオンスープも、コクがありました。
 すべての品に、お肉は一切入ってないのに、このおいしさと満足度。感激しました!
 それで、食堂の方と、冗談で、たくさん並ぶ皿の中で、一つだけ本物のエビフライが1本あっても、おもしろいですね、「大当たり!」みたいに、などと話し合いました。
 真心とちょっとしたユーモアは、生活に潤いを与えてくれますね。
 いい意味で、人をちょっと驚かせる、喜ばせる仕掛けが、いろんな場面で表現できるといいですね。このニンジンのフライのように。
 そんな遊び心を大切に。
 今日も、お元気で!
Dscf5225_1
Dscf5226_1
 

2015年12月 9日 (水)

シーフードカレーうどん

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月9日】
 シーフードカレーうどん
 おはようございます。
 今朝も食べ物の話題です。
 昨夜の夕食は、家族のリクエストでシーフードカレーをつくりました。
 しかも、「ご飯がいい!」「うどんがいい!」と注文がバラバラで、仕方なく両方に対応しました。
 うどんの方は、出汁、しょうゆ、みりんで「つゆ」をつくって丼鉢に入れ、そこに、ゆでた熱々のうどんを入れ、その上にカレーのルーをのせるのが私のやり方です。
 うどんのつゆとルーが混ざると、和風の味になっておいしいです。蕎麦屋のカレーそばは、出汁を効かせたつゆでカレー粉を溶き、片栗粉を混ぜてあんかけ風にするのが通常ですね。
 それで、驚いたのは、私が丼につゆ、そして、うどんを入れた段階で、小3の三男が、「ボク、これがいい!」と言って、早速、テーブルへ。「カレーは…?」と問うと、「いいの。明日食べるから」とひと言。
 長ねぎとつゆだけ入った、うどんを、ペロリを平らげてしまいました。一同、あ然。
 子供の行動は、不可解です…笑
 というわけで、多めにつくったカレールーは残り、わが家の今朝の朝食は、カレーライスであります。
 朝から、カレーの写真で失礼します。
 今日も、お元気で!
Dscf5224_1

«焼き魚の朝食

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ