« 絵封筒ギャラリー(15) 波の彼方から(TK) | トップページ | 絵封筒ギャラリー(16) パラダイス(TK) »

2008年1月 7日 (月)

絵てがみギャラリー(28) 母と子らを見て思う(TK)

Tk080107  昨日の帰りの電車内で、幼い4人の子供を連れた母親を見かけた。
 日曜日だから、どこかへ出かけた帰りなのだろう。その母親は、1歳2、3カ月の赤ちゃんをおんぶして、2歳くらいの男の子を膝の上に抱っこして座席に座っていた。
 その母親の横には、幼稚園の年中くらいのお兄ちゃんが座っていて、前には、小学2年くらいのお姉ちゃんが立っていた。
 子供の人数も年代も、わが家と似ているとあって、傍らに立つ私の視線は、ついついその家族に注がれることに。
 感心したのは、狭い車内にあって、どの子も大きな声を出すこともなく、お利口にしていたこと。しかも、このお母さんがエライ。時々、立っている子と変わってあげたり、背中に子供をおぶっているにもかかわらず、「抱っこ」とせがむ2歳児を優しく抱く。上のお兄ちゃんやお姉ちゃんも偉くて、順番に席を譲り合っているのだ。褒めてあげたかったが、話しかけるきっかけがなく、微笑みかけるしかなかった私。

 そんな母子を見ていて、ふと、「わが家も、私が不在の時は、こうやって母1人、子供4人でぞろぞろと移動しているのだなぁ」と思った。その母親と妻の姿が重なって見え、妻のことが健気に思えたのだ。
 相手の身になって物事を考えることは、ほんとうに難しい。想像力が必要だ。電車の中での母子との出会いが、私の想像力(思いやり)を引き出してくれた。(TK)

|

« 絵封筒ギャラリー(15) 波の彼方から(TK) | トップページ | 絵封筒ギャラリー(16) パラダイス(TK) »

コメント

私も全く同じでした。今となっては懐かしい。

投稿: ゆきえ | 2008年1月 8日 (火) 00時14分

ゆきえさん

 そうですか、ゆきえさんも通ってこられた道でしたか~。
 ゆきえさんのような明るいお母さんに育てられたお子さんは、幸せだと思います。
 イラストを描かれることがあったら、今年も投稿してくださいね! 待ってます~。

投稿: TK | 2008年1月 8日 (火) 06時50分

ほんとうに、TKさんはお優しい………涙

投稿: れんげ | 2008年1月 8日 (火) 18時58分

れんげさん、ありがと。。。(*^[^*)

投稿: TK | 2008年1月11日 (金) 05時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224674/17605862

この記事へのトラックバック一覧です: 絵てがみギャラリー(28) 母と子らを見て思う(TK):

« 絵封筒ギャラリー(15) 波の彼方から(TK) | トップページ | 絵封筒ギャラリー(16) パラダイス(TK) »