« 絵画ギャラリー(135) YTさんの「江ノ電」 | トップページ | 絵てがみギャラリー(155) 和さんの絵手紙「あじさい」 »

2008年6月28日 (土)

絵封筒ギャラリー(48) MTさんの絵封筒「富山のくすり」

Mt_eft_080625_2  MTさんから絵封筒が届きました。

「T・K様

 仕事で富山市に来ています。
 雨模様を覚悟していたのですが、幸い曇空で、午前中は晴天だったそうです。
 富山は昔から薬売りが有名ですが、駅の土産物売場を覗いたら、ちゃんと昔ながらの薬が売られていました。絵封筒にしたのは、そのうちのごく一部で、昔のままのデザインの小包がズラリと並んでいました。「反魂丹」というのが胃腸・腹痛の時の薬で有名だと地元の人に聞いたのでそれを買い、デザイン上の面白さから「ハイトン」という風邪薬を買いました。服用するつもりのない薬を買ったのは初めてです。
 ところで、金色の紙に包んだ丸いものは「反魂旦」というお菓子です。薬に似せてお菓子を作るなどというのも、聞いたことがありませんでした。
 旅は発見の連続です。 M・Tより  6/21/08」

―― いやぁ、薬とはいえ、実に趣がありますね~。なんとなく効きそうなネーミングも好きです。
 こうしたユニークな薬を組み合わせて魅力ある絵封筒にしてしまうMTさんの発想と描写力には、いつもながら脱帽です。
 それにしても駅の土産物売場にこうした薬が売っているとは驚きました。何度も、出張で訪れているはずなのに、見逃していました。
 ところで、金色の包みは最初てっきり丸薬かと…。まんまと引っかかりました。(笑) TK
 

|

« 絵画ギャラリー(135) YTさんの「江ノ電」 | トップページ | 絵てがみギャラリー(155) 和さんの絵手紙「あじさい」 »

コメント

MTさま

なんかいつも。。。珍しくておもしろいものを「描かれていて」??楽しみにしています!!

その気で見つめれば。。。おもしろいものを見逃してるだけで。。。おもしろいものを
「スルー」しているのかもしれない私ですsign02spade

投稿: tao | 2008年6月30日 (月) 00時23分

taoさん、

 私は旅先では“ハンターの目”を心がけています。これでもなかなか見つからないことがあるのですよ……。

投稿: MT | 2008年6月30日 (月) 14時15分

MTさん;

 絵にした薬袋を見るとなんだかそれだけで癒されますね。
 この絵を見て、昔実家に富山の薬箱が常備されていて、薬売りが黒革の大きなつづらを背負って行商に来ていたことを思い出しました。内部が薬の種類ごとに細かく区分けされたつづらを覗くのが、ちょっと楽しみでもありました。

投稿: ハイエコポン | 2008年6月30日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224674/41668976

この記事へのトラックバック一覧です: 絵封筒ギャラリー(48) MTさんの絵封筒「富山のくすり」:

« 絵画ギャラリー(135) YTさんの「江ノ電」 | トップページ | 絵てがみギャラリー(155) 和さんの絵手紙「あじさい」 »