« 絵てがみギャラリー(243) ecomamaさんの長男さん(小4)の作品 ~初投稿 | トップページ | 絵封筒(efuto)ギャラリー(86) 印泥(TK) »

2009年1月16日 (金)

絵てがみギャラリー(244) オサムさんの絵手紙3点

034a  オサムさんから絵手紙3点がメールで届きました。
 以下は、ご本人のコメントです。

TK様 合掌、ありがとうございます。

 ヤツデは、秋季大祭の折り、総本山第2駐車場の向かいの道路脇、コナラの木陰で白い花を咲かせていたものです。A033
天狗の団扇のような大きな葉の上にパッと丸く広がった小さな白い花がタワーのように真っ直ぐ立ち上がっており、薄暗い木陰で際立っていました。
 サザンカは、自宅の裏の生垣で次から次に咲いてくれています。
 凧揚げは、福岡教区の中学生練成会2日目(1/5のプログラムで、午前中にビニル凧を作り、午後から凧揚げをしようということで、午後の野外活動の指導に参加した時の光景を描きました。A035 (私は午前中は仕事始め。午後半休を取って、練成会に合流しました。)
 参加者は中学生と小学生(3~6年)15名と運営の女子青年2名で、私以外は凧作りも凧揚げも初めてとのこと。
教化部から徒歩20分程の「大宰府政庁跡公園」の広々としたところで、実施。
 天候はやや曇りですが程よい風も吹き、うまく上がらない凧は私が糸やバランスの調整を手直しして、皆よく揚がるようになりました。
 最初につけていた凧糸が足りなくなり、予備の糸も継ぎ足して点にしか見えない凧も2つほどあり、子どもたちはとても喜んでいましたよ。
 銀杏の木に引っかかった凧をとるため木登りしたり、一番楽しんだのはもちろん私ですが、こういう遊びの楽しさを知った子供たちが増えたことがとても嬉しいです。
合掌、再拝。 オサム 」

―― 季節感あふれる絵手紙の数々に、心がなごみました。
 日々の生活の中で目にした美を、すぐさまスケッチとして描き残しておられるオサムさんの様子が目に浮かんでくるようです。描かれている花も生き生きして、うれしそうですね。
 凧揚げの情景も、懐かしいです。今はあまり見かけませんから。各自が作った“手作りの凧”というのもいいですね。今は、欲しいオモチャなどは、なんでもお金で買える時代。だからこそ、手間暇をかけ、制作する喜び、それを使って楽しむ経験を子供たちにさせてあげたいですね。
 仕事を半休して駆けつけるオサムさんの愛念にも、心打たれました。(TK)

|

« 絵てがみギャラリー(243) ecomamaさんの長男さん(小4)の作品 ~初投稿 | トップページ | 絵封筒(efuto)ギャラリー(86) 印泥(TK) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224674/43754294

この記事へのトラックバック一覧です: 絵てがみギャラリー(244) オサムさんの絵手紙3点:

« 絵てがみギャラリー(243) ecomamaさんの長男さん(小4)の作品 ~初投稿 | トップページ | 絵封筒(efuto)ギャラリー(86) 印泥(TK) »