« 展覧会5日目(30日) ――ワークショップで力作次々と | トップページ | 絵封筒(efuto)ギャラリー(117) MTさんの絵封筒 ~マトリョーシカ »

2009年6月 1日 (月)

光のギャラリー展フィナーレ ――数々の出合いと喜びに感謝をこめて

 昨日(31日)、6日間にわたる「光のギャラリー ~絵手紙・絵封筒展」がフィナーレを迎えました。
 この展覧会に作品を応募くださいました皆さま、来場いただきました皆さま、そして運営に携わってくださった関係者の皆さまに、この場を借りて心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 Workshop053109_a 最終日は終日会場におりましたが、前日に引き続きワークショップは盛会でした。午前の部は絵手紙愛好家の“くりぃ”こと栗原麻衣さんが進行し、8人が参加。栗原さんは、『自然と芸術について』(谷口雅宣著、生長の家刊)をテキストに、絵を描くことの意義を10分間ほど説明した後、参加者の皆さんと一緒に絵手紙を制作。この時点では2人の参加でした(=写真)が、皆さん、集中して2枚以上も描かれて、写真のような力作ができました。Workshop053109_b
 また、日曜日ということもあって、お父さんに連れられて博物館に遊びに来た2歳のリタちゃんと5歳のカレンちゃん姉妹も“飛び入り”で参加。こちらは幼児担当のTKが、マンツーマンで顔彩や水筆の使い方などを説明しました。にわか幼稚園の先生になった気分です(笑)。年長組のお姉ちゃんは、トルコキキョウを伸び伸びと描きあげて楽しかったのか、先を急ぐお父さんを説得して、ぐるっと博物館を回った後に再びやってきて、2枚目のガーベラの絵を思うままに描きあげました。私が、「後でおうちに送ってあげるから、あそこに絵を飾る?」と尋ねると、首を振って「持って帰る」とキッパリ。随分と自作がお気に入りの様子で何よりでした。帰りには「ありがとうございました」とペコリと頭を下げてお礼を言ってくれて、感心しました。

 一方、午後の部は、絵封筒愛好家のフォーマルハウトこと山本英輔氏が担当。こちらも『自然と芸術について』をテキストに、手元に置いたヒマワリの花を示しながら、「絵を描くことを通して対象をじっくり観察することで、普段はなかなか気づけない美しさを発見することができます」などと絵を描く意義を説明し、自らが絵封筒を制作するようになったきっかけなどを、やさしく語りかけていました。
 午後の部の参加者も8人で、中には出張帰りにわざわざ展覧会場に立ち寄られた京都の宇治在住の90歳近い“長老”の姿も。さらさらっと、瑞々しいピーマンの絵手紙を描かれていました。この作品はすぐにカバンにしまわれましたが、ブログ「光のギャラリー」への投稿もお願いしましたので、いずれこの方の作品もご紹介できるかも知れません。

 また、先日ご紹介した「ていぱーく」のお掃除を担当されているWさんが、この日、普段の清掃時のユニフォームから一転して、胸元に銀色のブローチを付けたエレガントな茶色のジャケットを着て参加してくださいました。「1回は参加しますから」との言葉通りに。うれしかったですね。画材の使い方を私から説明すると、ご自分が選んだヒマワリを、構図を考えながらさらさらと描かれていました。ご本人は「思うように描けない」とちょっぴり不満げでしたが、背景に空を思わせる青を塗られるなど、なかなかのセンス。帰りには、「これから勉強します」と言って、『光のギャラリー ~絵手紙はWebにのって』を買っていかれたようです。
 また、この日は、はるばる関西からお越しいただいたKoda Yuriさんも会場をじっくりと見て回ってくださり、最後には、「いつか関西にもこのような絵手紙・絵封筒展が巡回できればいいですね」と2人して盛り上がりました。 
 そんな夢もふくらむフィナーレ。
  行動することで気づくことがあり、新たな発展への道筋も見えてくる――この展覧会の開催を通して、強く感じたことです。(TK)

|

« 展覧会5日目(30日) ――ワークショップで力作次々と | トップページ | 絵封筒(efuto)ギャラリー(117) MTさんの絵封筒 ~マトリョーシカ »

コメント

TK sama
光のギャラリー展の大成功、そして昨日はフィナレーレの幕が下りる瞬間まで
共に光の会場にいられました事、全てに感謝の思いでいっぱいですっconfidentheart02


あの場所に展示されていた数々の絵から放たれる生命エネルギーの光...shineshine
その光が一つの輪になって、会場のライトよりも眩しい輝きを感じられたことは
私にとって大きな宝物になり、、、
TKさんと色々お話させて頂いたことも含めて、沢山の感動がしっかり胸に刻まれています^^clover


また新たな光の旅立ちに向けて、これからも共に何かを発信させて頂けましたら
心から幸せです(^_^*)/heart02

いつも愛深い光で導いてくださり、本当にありがとうございますvirgoheart04

投稿: Koda Yuri | 2009年6月 1日 (月) 23時30分

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆annoyhappy01annoyimpactscissors行く予定でしたが、

いろんな事が重なりまして、

駆けつけられませんでした。(残念!)

しかし、ご苦労様でした。heart02

大成功でなによりです。shine

scissorsimpact


ワチョ~~~~イ!

・・・tao

投稿: tao | 2009年6月 4日 (木) 17時56分

Koda Yuriさん

 うれしいコメントをいただき、ありがとうございます。
 1点1点の作品をじっくりと見て回ってくださっていた姿が今も心に焼き付いています。
 いつかYuriさんの絵封筒が見てみたいです。

 

投稿: TK | 2009年6月 5日 (金) 18時04分

taoさん

 会場に来たいというtaoさんの気持ちは伝わってきましたよ!
 アンケートには、「taoさんの作品が心に残った」という人の声が結構載っていました。
特に“手描き”のインパクトが強かったようです。
 ファンの皆さまのためにも、どしどし投稿してくださいね。

投稿: TK | 2009年6月 5日 (金) 18時09分

TKさま こんにちはsun

素晴らしいですねup
感動heart04感激shine

 なんて 素晴らしい企画「ワークショップ」

大成功 おめでとうございます☆

先日の宇治で開催されました「幹部研修会」で、白鳩会総裁先生からこのワークショップのお話を聞かせて頂き、私sweat01とっても嬉しかったです!!


 私、やっと 自由な時間が取れるようになりましたhappy01

 さぁ~~~~描きますよart
まずは、県下art誌友会に飛び回りますhappy01

投稿: keiko | 2009年6月 6日 (土) 21時39分

keikoさん

こんにちは!

早速こちらに来ていただけて、うれしいです。
やっぱりこの“光のギャラリー”を大切に思っていただいていたのだなぁ、と感激しました。
keikoさんの作品が見られる日も、きっと近いですね。楽しみにしています。
ネットとリアルの双方を生かして、盛り上げていきましょうね!

投稿: TK | 2009年6月 7日 (日) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224674/45198392

この記事へのトラックバック一覧です: 光のギャラリー展フィナーレ ――数々の出合いと喜びに感謝をこめて:

« 展覧会5日目(30日) ――ワークショップで力作次々と | トップページ | 絵封筒(efuto)ギャラリー(117) MTさんの絵封筒 ~マトリョーシカ »