ニュース

2009年10月29日 (木)

【お知らせ】今後、投稿作品は「postingjoy」「絵手紙ぽすと」に

皆さまへ

 いつも「光のギャラリー」を訪問くださいまして、ありがとうございます。
 おかげさまで、先日の第31回生光展の絵手紙・絵封筒コーナーにたくさんの作品の応募があったことに象徴されるように、最近、絵手紙や絵封筒を描かれる方が増えてきています。
 そこで、さらに絵手紙や絵封筒を制作する喜びの輪を広げるために、ネットとリアルのそれぞれに、新しい投稿の場を設けることになりました。

 まずは、リアルの場として、この4月に発刊される生長の家の新月刊誌『いのちの環(わ)』に「絵手紙ぽすと」という絵手紙・絵封筒の投稿作品を掲載するページが設けられることになりました。私TKが掲載作品を選び、それぞれの作品にコメントを付けます。作品の送り先は、下記の通りです。
 郵便番号150-8672
 東京都渋谷区神宮前1-23-30 生長の家本部内『いのちの環』編集室「絵手紙ぽすと」係

 次に、ネット上の場として、このたび、「postingjoy(ポスティングジョイ)」という明るい話題や作品、喜びごとだけを投稿するSNS型のWebサイトが誕生しました。
 この「postingjoy」は、投稿された記事や作品を誰でも見ることができ、無料でメンバー登録すれば、さらに記事(コメント)を投稿することができます。文章だけでなく、写真、絵、絵手紙、絵封筒、イラストなどの画像データも、インターネットにつながっていれば、ご自分のパソコンから直接、投稿できるのが大きな特徴です。
 そこで、これまで「光のギャラリー」に投稿してくださっていた皆さまには、ぜひ、今後は、この「postingjoy」のメンバーに登録していただき、今度は、絵手紙などの作品を各自が直接、この「postingjoy」に投稿していただきたいと思います。
 私TKは、この「postingjoy」の中の「絵手紙・絵封筒のコミュニティー」の管理人を務めることになりました。「光のギャラリー」と同様に、作品を通して皆さまと楽しくコミュニケーションを深めていきたいと思っていますので、ぜひ、ご参加ください。

 以上の2種類の場、『いのちの環』の「絵手紙ぽすと」と「postingjoy」は連携しており、今後は、月刊誌に投稿があった作品を「postingjoy」にも掲載し、「postingjoy」に投稿があった作品の中から心にとまった作品を選んで、月刊誌の「絵手紙ぽすと」に転載したいと思っています。

 尚、今後も、現物の絵手紙や絵封筒をTK宛に送ってくださった場合は、私TKが、これまでと同様に、作品をスキャナーで読み込んで画像化し、「postingjoy」に掲載しますので、ご安心ください。(TK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

【お知らせ】 9月のリアル版「アトリエTK」は、9月10日(木)に開催します。

 9月のリアル版「アトリエTK」は、通常通り、第2木曜日の9月10日(木)に開催します。

 初心者の方には、道具の使い方から、絵手紙または絵封筒を描くポイントなどをお教えします。
 また、すでに絵手紙・絵封筒を制作されている方は、ご自分のペースで自由に制作してください。制作時間は2時間とっておりますが、時間内であれば入退室は自由です。
 前回、木版絵はがきに参加され、道具をお持ちの方は、引き続き、木版画にチャレンジしていただいても結構です。
 今月も、テキストとして『自然と芸術について』(谷口雅宣著、生長の家刊)を使いますので、お待ちの方は持参してください。
 詳しい要項をお知りになりたい方は、『リアル版「アトリエTK」について』の記事をご参照ください。(TK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

8月27日(木)のリアル版アトリエTKの開催時刻が午後に変更

 8月27日(木)に開催されるリアル版アトリエTKの開催時刻は、会場の都合で「午後1時半から4時まで」の時間帯に変更することになりました。参加予定の方は、お間違えなきようお願いします。
 時刻以外の変更はありません。
 また、当日は、木版画を行いますが、絵の題材(花や果物などのモチーフ)は各自、ご持参ください。(TK)
 当日の詳しい要項
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

8月27日のリアル版アトリエTKは【木版絵はがき】に決定!

 皆さまへ

 8月のリアル版「アトリエTK」は、夏休み特別企画として、このブログでもおなじみの奄美の風こと輝計希さんをお招きして、夏休み特別企画【誰でも作れる木版絵はがき】を実施します。
 親子で参加しても良し、大人だけでも良し、先般の光のギャラリー展のワークショップで大好評だった輝さん夫妻のユーモアあふれる丁寧な指導で、どなたも驚くほど簡単に【木版絵はがき】が作れます。
 紙、絵の具、彫刻刀などの材料はこちらで用意しますが、彫刻刀は10セットしか用意がないため、すでにお持ちの方はできるだけご持参ください。
 また、絵の題材(モチーフ)となる花や果物、置物などは各自お好きなものをご持参ください。
 会場の収容人数に限りがあるため、ご参加くださる方は、事前にメールでご一報いただけると助かります。
 小学生以下の方が参加される場合は、なにぶん彫刻刀を使いますので、保護者が安全面によく注意してくださるようお願いします。
 皆さまのご参加を心からお待ちしています。(TK)

 ●日 時  8月27日(木) 午後1時半から4時
 ●場 所  府中市西原町2-17-1 生長の家瑞光寮 集会室
 ●指 導  輝計希、真理子両氏
 ●責任者  小関隆史
 ●参加費  無料
 ●内 容  はがきサイズの木版画を制作。
 ●持ち物  彫刻刀、はがき、水彩絵の具、鉛筆、筆など(主催者の方もある程度、用意しています)。
        ※会場までの略地図(PDFファイル)を希望される方は、メールでご連絡ください。
 ●連絡先 takashi-koseki@nifty.com  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

第31回生光展の作品を公募します

 皆さまへ

 今年の10月12日(月・祝)~18日(日)、東京銀座画廊・美術館で、「第31回生光展」が開催されます。
 日本画、油絵、アクリル画、水彩画、版画、彫刻などを、展覧会の趣旨に賛同くださる一般の方から広く募集します。

 ●生光展作品募集要項はこちら

 また、昨年に引き続き、今回も、下記のように絵手紙と絵封筒の展示コーナーを設けます。
 こちらも、広く一般から募集しますので、どしどしご応募ください。

 ●企画展示「絵手紙・絵封筒の世界」の主な募集要項は下記の通りです。

 会   期:平成21年10月12日(月・祝)~18日(日)
 会   場:東京銀座・画廊美術館(東京都中央区銀座2-7-18銀座貿易ビル8階)
 展示方法:大きなパネルに複数の作品を並べて展示
 募集作品:絵手紙、絵封筒
 大  き  さ:原則として、定型に準ずるサイズ
 応募点数:何点ご応募いただいても結構ですが、すべて展示できない場合もあります。
 締め切り:9月9日(水)必着

 送り先:宗教法人「生長の家」出版・広報部 生光展係
      郵便番号150-8672 東京都渋谷区神宮前1-23-30 電話:03-5474-6092

 出品料:絵手紙、絵封筒に関しては無料です。
 作品の返却等:応募いただいた作品は返却いたしません。また、会期後に作品を「生長の家」が発行する出版物やWebサイトに掲載することもありますので、ご了承ください。

 以上

 小関 隆史

 2009年7月10日 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

7月のリアル版「アトリエTK」は、7月9日(木)に開催します。

7月のリアル版「アトリエTK」は、通常通り、今週の7月9日(木)に開催します。

 初心者の方には、道具の使い方から、絵手紙または絵封筒を描くポイントなどをお教えします。
 また、すでに絵手紙・絵封筒を制作されている方は、ご自分のペースで自由に制作してください。制作時間は2時間とっておりますが、時間内であれば入退出は自由です。
 今月は、テキストとして『自然と芸術について』(谷口雅宣著、生長の家刊)を使いますので、お待ちの方は持参してください。
 詳しい要項をお知りになりたい方は、『リアル版「アトリエTK」について』の記事をご参照ください。(TK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

twitpicで絵てがみの連載を始めました(TK)

皆さん、こんにちは!

 twitpic(ツイピック)ってご存じですか? これは、「twitter(ツイッター)」というミニブログの中にあるコミュニティーサイトで、自分が撮影した写真や絵を投稿し、皆で鑑賞し合うサイトなんです。
 最近、このtwitterに登録(無料)した私は、早速、このtwitpicに、花などを描いた絵てがみを投稿することにしました。
 誰でも見られるサイトなので、興味のある方は、下記のAtelier_TKの文字をクリックしてください。

Atelier_TK 

 今後も、通勤途中に「美しい」と感じた花や景色を5分間くらいの短い時間でスケッチした作品を中心に掲載していくつもりです。twitterに登録してメンバーになると絵にコメントも付けられますよ。

 twitterへの登録はこちらから

 ご案内まで。(TK)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

6月のリアル版「アトリエTK」(絵手紙教室)は11日(木)に

 6月のリアル版「アトリエTK」は、通常通り、第二木曜日の6月11日(木)に開催します。

 初心者の方には、道具の使い方から、絵手紙または絵封筒を描くポイントなどをお教えします。
 また、すでに絵手紙・絵封筒を制作されている方は、ご自分のペースで自由に制作してください。制作時間は2時間とっておりますが、時間内であれば入退出は自由です。
 今月は、テキストとして『自然と芸術について』(谷口雅宣著、生長の家刊)を使いますので、お待ちの方は持参してください。
 詳しい要項をお知りになりたい方は、『リアル版「アトリエTK」について』の記事をご参照ください。(TK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

光のギャラリー展フィナーレ ――数々の出合いと喜びに感謝をこめて

 昨日(31日)、6日間にわたる「光のギャラリー ~絵手紙・絵封筒展」がフィナーレを迎えました。
 この展覧会に作品を応募くださいました皆さま、来場いただきました皆さま、そして運営に携わってくださった関係者の皆さまに、この場を借りて心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
 Workshop053109_a 最終日は終日会場におりましたが、前日に引き続きワークショップは盛会でした。午前の部は絵手紙愛好家の“くりぃ”こと栗原麻衣さんが進行し、8人が参加。栗原さんは、『自然と芸術について』(谷口雅宣著、生長の家刊)をテキストに、絵を描くことの意義を10分間ほど説明した後、参加者の皆さんと一緒に絵手紙を制作。この時点では2人の参加でした(=写真)が、皆さん、集中して2枚以上も描かれて、写真のような力作ができました。Workshop053109_b
 また、日曜日ということもあって、お父さんに連れられて博物館に遊びに来た2歳のリタちゃんと5歳のカレンちゃん姉妹も“飛び入り”で参加。こちらは幼児担当のTKが、マンツーマンで顔彩や水筆の使い方などを説明しました。にわか幼稚園の先生になった気分です(笑)。年長組のお姉ちゃんは、トルコキキョウを伸び伸びと描きあげて楽しかったのか、先を急ぐお父さんを説得して、ぐるっと博物館を回った後に再びやってきて、2枚目のガーベラの絵を思うままに描きあげました。私が、「後でおうちに送ってあげるから、あそこに絵を飾る?」と尋ねると、首を振って「持って帰る」とキッパリ。随分と自作がお気に入りの様子で何よりでした。帰りには「ありがとうございました」とペコリと頭を下げてお礼を言ってくれて、感心しました。

 一方、午後の部は、絵封筒愛好家のフォーマルハウトこと山本英輔氏が担当。こちらも『自然と芸術について』をテキストに、手元に置いたヒマワリの花を示しながら、「絵を描くことを通して対象をじっくり観察することで、普段はなかなか気づけない美しさを発見することができます」などと絵を描く意義を説明し、自らが絵封筒を制作するようになったきっかけなどを、やさしく語りかけていました。
 午後の部の参加者も8人で、中には出張帰りにわざわざ展覧会場に立ち寄られた京都の宇治在住の90歳近い“長老”の姿も。さらさらっと、瑞々しいピーマンの絵手紙を描かれていました。この作品はすぐにカバンにしまわれましたが、ブログ「光のギャラリー」への投稿もお願いしましたので、いずれこの方の作品もご紹介できるかも知れません。

 また、先日ご紹介した「ていぱーく」のお掃除を担当されているWさんが、この日、普段の清掃時のユニフォームから一転して、胸元に銀色のブローチを付けたエレガントな茶色のジャケットを着て参加してくださいました。「1回は参加しますから」との言葉通りに。うれしかったですね。画材の使い方を私から説明すると、ご自分が選んだヒマワリを、構図を考えながらさらさらと描かれていました。ご本人は「思うように描けない」とちょっぴり不満げでしたが、背景に空を思わせる青を塗られるなど、なかなかのセンス。帰りには、「これから勉強します」と言って、『光のギャラリー ~絵手紙はWebにのって』を買っていかれたようです。
 また、この日は、はるばる関西からお越しいただいたKoda Yuriさんも会場をじっくりと見て回ってくださり、最後には、「いつか関西にもこのような絵手紙・絵封筒展が巡回できればいいですね」と2人して盛り上がりました。 
 そんな夢もふくらむフィナーレ。
  行動することで気づくことがあり、新たな発展への道筋も見えてくる――この展覧会の開催を通して、強く感じたことです。(TK)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

展覧会4日目(29日)その2 ――“体験スペース”の大切さ

Chon_01  4日目の午後の部のワークショップ(WSP)は、chonさんが担当。鎌倉に住むTKの知人の女性が叔母さんを誘って来場し、参加してくれました(写真)。お二人ともに、「絵手紙を描くのは初めて」ということでしたが、chonさんの指導と讃嘆で、かわいらしい、すてきな絵手紙ができました。(写真)添えられた言葉も、いいですね!Chon_02

 そして、夕方3時ごろ、仕事の研修帰りと思しき黒のパンツスーツ姿の20代前半のOLさん2人が、来場するや否や、「ワークショップできるんですか? やってみたーい」とコラージュ絵はがきに挑戦。chonさんがまず、自作のコラージュ作品を2人に見せて、その後は、chonさんを含めて3人で自由に制作を行っていました。時折、途中段階の作品を見せ合って、その発想のユニークさに、互いに笑い合う光景も。「やっているうちに作品の発想が思い浮かんでくる」(chonさん)そうで、閉館ギリギリまで、熱心に制作に没頭した参加者は、ユニークな作品を作り上げました。 「これを○○に送ると“何事か!”と思ってびっくりするだろうね」「深イイ」などと、いずれも楽しそう。「何かを表現したい」という欲求は誰にでもあり、それをこういうワークショップなどの“体験スペース”を設けて、表現する手助けをする――これは、今後、一般向けのイベントを開催する際にぜひ、取り入れたらいい企画だと思いました。(TK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧