ブログ内検索

« 富岡鉄斎のこと(1) | トップページ | 私の制作日記(18) 感性のレッスン、または遊戯 »

2008年11月28日 (金)

私の制作日記(17) 30号の絵を描きはじめる

 昨日は雨の休日だったため、少し買い物と散歩に出たくらいで、大半は自宅で過ごす。谷口清超先生の音楽CD『愛と希望の讃歌』をリビングで流しながら、声に出して歌う。テノール歌手の秋川雅史さんになったような気分で(笑)。中でも「かみをたたえて」が一番心にしみた。1番の歌詞では神の世界の素晴らしさのみを讃え、2番では眼を現象に転じ、偽りを言う人もいるような不完全な姿は本来なしと否定、3番ではそんな現象の仮の姿はいつしか消え、本来の永遠不滅の実在の姿が現れる――そんな歌詞の流れを感じながら聴き入った。Seisaku081128b
 暗い現象を否定した後に現れる本来の明るい世界、そんなイメージを絵に表したいと思う。
 今朝は、夜明け前に起きて、SMサイズの絵から描きはじめた(右)。 青と紫の濃い目の色を、広い面積に塗る。うまい具合に明暗が対比できればと思う。これから明るい色をどのように重ねていけるかがポイント。

 Seisaku081128a そのあと、30号Fサイズの絵にとりかかる。下地を作ってから初めて筆を入れることに。いつでもそうだが、最初に筆を入れる時は、緊張する。今日は、イエローオーカー(黄土色)から塗り始めた。刷毛(はけ)で勢いよく描く。気分がいい。オレンジ、黄色、黄緑、緑、紫…、どんどん描いていった。まだはじめの段階なので細かいことは考えずどんどん感覚的に描けるので楽しい。まだまだこれから時間をかけて塗り重ねていくのだが、なんとなく明るい感じの絵になりそうだ。Seisaku081128c

小関 隆史

2008年11月28日

« 富岡鉄斎のこと(1) | トップページ | 私の制作日記(18) 感性のレッスン、または遊戯 »

エッセイ」カテゴリの記事

私の制作日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224674/43250627

この記事へのトラックバック一覧です: 私の制作日記(17) 30号の絵を描きはじめる:

« 富岡鉄斎のこと(1) | トップページ | 私の制作日記(18) 感性のレッスン、または遊戯 »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ