ブログ内検索

« TKの独楽吟(3) 09/01/16 | トップページ | TKの独楽吟(4) 09/01/17 »

2009年1月17日 (土)

3つの挨拶

 職場の上司からもらった『電通報』(第4628号 2009年1月12日)に、遠州茶道宗家十三世家元の小堀宗実(こぼり・そうじつ)さんのエッセイが載っていた。ちょうど、新聞の仕事で茶道家を取材したばかりだったので、興味をそそられて読んでみると、次のくだりが心に残った。

『(前略)最後に私がライフワークとしている「遠州茶道こども塾」について紹介したい。これは主に幼稚園児にしていることであるが、お菓子やお茶を頂く際の3つの挨拶「お先にいただきます」「大変結構です」「ごちそうさま」を大きな声で一人ずつ声に出して言ってもらっている。それぞれに「自分以外の第三者を認識する意味」「素直な心の表現」「あらゆるものへの感謝の気持ちという意味」を知ってもらうためである。何につけても小さな子供たちには見るもの聞くものすべてが初めてのことである。
 3つの挨拶を通して人としての大切なことを知ってもらいたい、人間は一人では生きていけないということを知ってもらいたいというのが私の願いである。(後略)』(第8面)

 この“3つの挨拶”は、非常に分かりやすく茶道の心を紹介していると同時に、茶道のみならず、私たちが社会生活を送る上での、最も基本的な行為をコンパクトに示していると思った。
 私はぜひ、わが子にも3つの挨拶ができる子に育って欲しい。そのためにも、親である私自身が率先垂範しなければ、と思った。これまで、いつも3つの挨拶ができていたかと言うと、否である。何も言わずに妻より先に料理に箸をつけたこともあるし、料理の味を褒めない時もあるからだ。
 と、そんな事を反省しつつ、今日は今月から職場に出向してきた方の居酒屋での歓迎会に出席。「味付けがいいね」「刺身が新鮮だね」などと、皆で料理を褒めながら舌鼓を打った。料理をテーブルに運んでくる従業員さんにも、「おいしかった」と何度も私が言うものだから、みんなに笑われる一幕も。

 さぁ、助走はついたから、家庭でもきっとできるはずだ。
 まずは、自分から始めよう。

 小関 隆史

 2009年1月17日

« TKの独楽吟(3) 09/01/16 | トップページ | TKの独楽吟(4) 09/01/17 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224674/43757337

この記事へのトラックバック一覧です: 3つの挨拶:

« TKの独楽吟(3) 09/01/16 | トップページ | TKの独楽吟(4) 09/01/17 »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ