ブログ内検索

« 特別授業「絵手紙を楽しもう!」(1) 〜導入 | トップページ | 特別授業「絵手紙を楽しもう!」(3) 〜絵手紙は自他一体の真理の実践 »

2010年6月29日 (火)

特別授業「絵手紙を楽しもう!」(2) 〜母に送る絵手紙

 ◆母への絵手紙がきっかけで
 次に私が絵手紙を描くようになったきっかけを、『光のギャラリー 〜絵手紙はWebにのって』(生長の家刊、2008年5月)の中から引用する形で紹介します。56ページをご覧ください。
 以下、引用

 私が絵てがみを描くようになったきっかけは、平成14年4月に実母が東京から和歌山に転勤になったことだった。
 慣れない土地での一人暮らしは心細い面もあるだろうと思い、自分に何ができるかを考え、絵てがみを毎日出すことにした。
 (中略)
 母は、「絵てがみを毎日見るのが楽しみ」などと言って、喜んでくれ、16年10月に初めて母が住む部屋を訪れた時には、リビングルームの白い壁いっぱいに、私が送った色とりどりの絵てがみが張り出してあった。
 それを見たとき、母が私からの絵てがみを、どれだけ喜んで受け取ってくれていたかが、一瞬にして分かったような気がして、うれしかった。
 (引用終わり)

 この前も、6月初めに母が住む京都に帰ってきたのですがSk_woal、今も部屋の壁にこんなふうに絵手紙が何枚も張り出されていました(右写真)。

◆絵手紙は今を生きる喜びにつながる
 次に、ちょっと飛ばして57ページの上から4行目から読みます。(以下、引用)

 絵てがみを描いて送るということは、相手を喜ばせるだけではなくて、自分自身の人生をも豊かにしてくれると思っている。身近な日用品、近所の家の軒先に咲く花、趣のある建物、子供たち…そうした普段は見過ごしがちな自分と触れ合う周囲の存在(もの)を、立ち止まって見つめ、その中に美しさや神秘さを見出すことは、今を生きる喜びにつながる。
 幼いころに絵日記を付けていたような無垢で気軽な気持ちで、これからも、絵てがみを続けられればいいなぁ、と思うこの頃だ。(引用終わり)

 このように、絵手紙を描いて送るということは、相手に喜んでもらえるだけではなくて、自分自身にもいろんな発見の喜びをもたらしてくれるものです。

◆絵が苦手だと思う人でも…
 次に紹介する作品は、田中道浩さん(生長の家本部講師、現在は青森教区教化部長)が初めて絵手紙に挑戦された作品「すっとんきょうなブタくん」です。私が毎月1回、住んでいる寮で開催している「絵手紙教室 アトリエTK」に初めて参加された時に、ご自宅から持参したこのブタの貯金箱を描かれたのです。なかなかかわいいでしょう? ご自身にとっても手応えがあったらしく、この作品を描いたことがきっかけで、それからどんどん絵手紙を描いていかれるようになりました。
 この田中さんは、実はかつて「絵を描くのが苦手」だったのですが、絵手紙を描き始めたことで、次のように変わっていかれました。
 生長の家の総合誌『いのちの環(わ)』Vol.2(2010/5)の23ページから、田中さんの言葉を引用します。

「絵手紙を描き始めてから、周りを見る自分の目(心)が変わりました。先ず周りを、ものをよく見るようになりました。今までは踏みしめることしかなかった落ち葉を見てきれいな葉を探している自分がいました。(中略)雨の降る日に蜘蛛の巣の十字に重なっている所に雨の滴がたまり、きれいな円形の巣が輝きを放っているのを発見しました」(『光の泉』2010年2月号、信仰随想「絵を描くよろこび」43頁、日本教文社刊)

 この落ち葉の話は、私は直接、田中さんから聞いたのですが、見る目(心境)が変わると、ここまで見える世界が違ってくるのですね。歩くために踏みしめる落ち葉から、美を鑑賞する落ち葉へ。
 皆さん、私たちの周りには、私たちが気づかないだけで、美しいものに満ちあふれています。こちらが、美のアンテナを立てるだけで、それは見えてくるものなのですね。絵手紙を描くことで、美に対する感性は磨かれ、自然に自分の周りの美しさが発見できるようになってきます。(つづく)

小関 隆史

2010年6月29日

 

« 特別授業「絵手紙を楽しもう!」(1) 〜導入 | トップページ | 特別授業「絵手紙を楽しもう!」(3) 〜絵手紙は自他一体の真理の実践 »

講話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224674/48752522

この記事へのトラックバック一覧です: 特別授業「絵手紙を楽しもう!」(2) 〜母に送る絵手紙:

« 特別授業「絵手紙を楽しもう!」(1) 〜導入 | トップページ | 特別授業「絵手紙を楽しもう!」(3) 〜絵手紙は自他一体の真理の実践 »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ