ブログ内検索

« わんだふる・わーるど(49) 少年サッカー観戦 | トップページ | 私の制作日記(38)『ムーンライト・サンセット』(4号) »

2010年11月26日 (金)

大豆からあげにチャレンジ

Daizu_karaage112510 昨日、休日だったので、久々に夕食づくりを担当、“大豆からあげ”にチャレンジした。
 自然食品の店で購入した「大豆からあげ」の基(大豆たんぱく)を具材として使った。作り方は、その商品の包装紙に書いてあった通りに、(1)乾燥した固形の大豆たんぱくをお湯でもどす(約30分)、(2)絞って水切りをして、しょうが、にんにく、しょうゆ、みりんを合わせてタレをつくり、それを(1)にしみ込ませる、(3)片栗粉をまぶして、油で揚げる、という流れ。
 一番心配だったのは、味付け。どの程度、下味をつけるかの加減まではレシピに書いてなかったが、勘を頼りに調合した。
 180度くらいの油で3分ほど揚げたら、写真のようなこんがりの唐揚げが完成した。付け合わせは、ツナ、キュウリ、玉子を入れたポテトサラダとミニトマト。
 肝心の味の方はといえば、カリッと香ばしく揚がっていておいしかった。妻や子供たちも、何も文句を言わず、黙々と食べていたので、一応は合格かと。
 鶏肉ではなく大豆ということを、娘に明かすと、「普通の唐揚げじゃん」と満足げだった。後で、息子たちに聞いたところ、「食べた時はおいしかったけど、後から不味いので氷水を飲みました(笑)」(小3次男)、「普通だった」(小5長男)との感想。
 唐揚げも、自分に調理できることが分かって、また、チャレンジしたいと思った。

 小関 隆史

2010年11月26日

« わんだふる・わーるど(49) 少年サッカー観戦 | トップページ | 私の制作日記(38)『ムーンライト・サンセット』(4号) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大豆からあげにチャレンジ:

« わんだふる・わーるど(49) 少年サッカー観戦 | トップページ | 私の制作日記(38)『ムーンライト・サンセット』(4号) »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ