ブログ内検索

« 岡本太郎著『今日の芸術』を読んで(1) | トップページ | 絵本『ドロボーさんも神の子』 »

2011年3月 1日 (火)

Brooklyn Parlor(ブルックリン・パーラー)

 仕事が半ドンだったので、前から一度来てみたかった新宿の「Brooklyn Parlor(ブルックリンパーラー)」に来てみた。最近、「古書店とバー」「書店とカフェ」を組み合わせた店が都内に少しずつ現れてきている。この店もその一つ。デパートの地下一階にあるのだが、ブルックリンの名の通り、レンガの壁や古材風のフローリングなど、どこか古きアメリカという感じの落ちついた雰囲気の店。壁面には備え付けの書棚があり、「グラフィック」「たてもの」「絵本」「雑誌」などのカテゴリ別にいろんな種類の本が並び、好きな本を手にとって席で読める。購入も可能だ。近頃流行の“マンガ喫茶”とは随分異なり、上品な大人の雰囲気がする。座席にもいろいろタイプがあって、ゆったりしたソファー、アーリーアメリカン風の木のテーブル、相席になる大テーブル等々。私は一人だったので、ステンレス製のオシャレな2人用のテーブルに案内された。
 マシュマロの付いたラズベリーホワイトラテをオーダーして、『光の教会 〜安藤忠雄の現場』という本を書棚から選んで席で読む。店内を見渡すと、本を読まずに会話をしている人、私のようにパソコンを打っている人、読書をしている人、さまざまだ。「図書館みたいだね」と隣席から声が聞こえてきた。無線LANでネットにもつながるので、この記事もあとでこの店からアップしようと思う。

 さて、私が手にした『光の教会』だが、やはり読むべくして手にとったということが分かった。無意識のうちに、私の問題意識に合う本を選んでいたのだ。この世には偶然はないというが、つくづくそう思う。
 この本は、建築家の安藤忠雄氏が、大阪にある教会の礼拝堂の建築を依頼されたことについてのドキュメントなのだが、安藤氏の建築に対する考え方が素晴らしい。建築というものを、地域との関係性の中でとらえ、環境を生かすことを重視していることが分かった。少し、文章を引用してみよう。

「前に木があって通る時邪魔ならば、木を避けて通ったらええわけで、それをみんな伐りすぎるんですね。人間、なんで、いつもいつも真っ直ぐ歩く必要あるか、僕はそこで人間が曲がったらいいと思う」
 つまり、人間の便利さを追求するのではなく、すでにある「自然」を生かすということだ。
 さらに同書では、地域の中における宗教施設のあり方について、次のように言及する。

 これから時代が「地域」を大切にするということになっていくとすれば、お寺や教会というものが重要な役割を果たすことになるのではないか、と彼は考える。(中略)例えば、緑があって人々がホッと息をつくことができる場所。子供の遊び場になる場所。祭りがあって地域の人々が参加する場所。そのような「場」をそれぞれの地域が持ち、人々がその「場」を大切にする。(同書32ページ)

 これにも私はまったく同感だ。生長の家が目指す「森の中のオフィス」も可能な限り、地域の中でこうした“役割”を果たせる施設でありたい、と私は思う。
 さらに、安藤氏は、「光の教会」という「場」をつくる上での願いを次のように語る。

「心で伝達していく、つながっていく、そういうことが非常に重要やなぁと思ってますけどね。だけど僕はますます難しい社会になっているなぁという気がしますね。今は日本中、お寺とか神社とか教会とか、そういう人が集まる『場』を非常に気楽に考えていますから、もっと真剣に、こういう社会にこそ、そういう『場』に集まって来て、精神的な拠り所にするべきなのではないかと。だから、そんな『場』をつくろうと思いました」(同書32ページ)

 こうして彼は、教会の要望で極めて低コストで、教会を設計・建築していくことになる。今の私の仕事にも、とても参考になるテーマなので、続きをぜひ読んでみたいと思った。
 つくづく、いい本を手にしたと思う。

 さて、そろそろ愛用のMacBook Airを閉じる時間がきた。この文章を無線LANでブログにアップしてから、家族が待つ家に帰ろうと思う。
 人に教えたくない店、ブルックリン・パーラーを後にして…。

 小関 隆史

 2011年3月1日

【参考資料】
○『光の教会 安藤忠雄の現場』(平松剛著、建築資料研究社刊、2008年12月24日 第8刷)

« 岡本太郎著『今日の芸術』を読んで(1) | トップページ | 絵本『ドロボーさんも神の子』 »

エッセイ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

TKの本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224674/51003920

この記事へのトラックバック一覧です: Brooklyn Parlor(ブルックリン・パーラー):

« 岡本太郎著『今日の芸術』を読んで(1) | トップページ | 絵本『ドロボーさんも神の子』 »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ