ブログ内検索

« 宮城での3回目の復興支援活動(4/18-4/24)の記録 | トップページ | 道はある 〜被災地への救援物資について思うこと »

2011年5月 9日 (月)

被災地での絵手紙教室

 今年4月2日から6日までの宮城での災害復興支援活動の際に、石巻市で2泊させていただいたI家で、絵手紙を通した小学生の姉弟(Sちゃん、Sくん)との忘れられぬ触れ合いがあった。Etegami_miyagi01_2
 父親が震災で行方不明という状況の中、私たち支援チーム6人を祖母、母親と一緒に温かく家庭に迎え入れてくれたSちゃんとSくんを、何か喜ばせてあげたいと思い、2日目の朝食後、それぞれに絵手紙を描いてプレゼントした。
 まず、「好きなものを教えて」と2人に尋ねると、姉のSちゃんが「チューリップ」、弟のSくんが「ウルトラマン」との返事。そこで、被災地の清掃活動に出かける前の10分間で、写真のような「ウルトラマンVSバルタン星人」と即興でイメージを考えた「チューリップちゃん」の絵手紙を描いた。
 すると、その絵手紙を受け取った瞬間、Sちゃんは、うれしそうな笑顔を見せ、Sくんは「ヤッター!」と歓声を上げた。その素直な反応が、とても心地よく、私は「絵を描いていて良かった」と心の底から思った。Etegami_miyagi02_2

 翌朝、私がプレゼントした絵手紙は、早速リビングの一角に飾られ、その横のダイニングテーブルで、朝食後に2人と一緒に急きょ、絵手紙教室を開いた。
 2人は、最初はおっかなびっくりという感じで「顔彩パレット」と「水筆」を使い始めたが、慣れるに従って楽しそうに、思い思いの絵手紙を描いてくれた。Sくんは、好きなアニメのキャラクターを、Sちゃんは、お父さんが買ってくれたという小物に描かれた小動物を描Etegami_miyagi03いてくれた。Sちゃんが、自分の父親との思い出の品を選んだことが、なんとも切なくて目頭が熱くなった。

 その後、東京に帰ってから、TKセレクトの「絵手紙セット」をそれぞれに送った。お出かけ用のポーチ、顔彩、水筆、サインペン、筆ペンなど、私がいつも絵手紙を描く時に使っている画材を選んだものだ。
 すると、後日、下の写真のような、かわいらしい絵手紙2点が自宅に届いた。
 実は、この絵手紙が届いた日、私はすでに3回目の支援活動として宮城に向けて出発した直後だった。妻から連絡を受けた私は、早く絵手紙が見たくて、その画像を職場の同僚を介してメールで送ってもらった。そうして作品を宿舎で見た瞬間、喜びがこみ上げてきた。2人の気持ちが実にストレートに表現された明るい作品だったから。Saki_2

 後で母親のMさんから聞いた話によると、SちゃんとSくんは毎日、「東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を祈り、わが心、神の無限の愛、仏の四無量心と一体となり、被災された方々の苦悩が除かれ楽が与えられ、自然との大調和のうちに復興が進められるよう祈念いたします」との祈りの言葉をあどけない声で唱えて、生長の家のお経である聖経「甘露の法雨」の「神」の項を読んでいるという。
 そんな中、震災から数えてまさに49日の日、行方不明だった父親のご遺体が海から浮かび上がってきて、見つかった。

「お父さんの分もがんばる」Shou_2

 そう気丈に話している幼い2人とご家族を思い、これからも私にできる精一杯の「思い」をI家に寄せていきたいと思っている。

小関 隆史

2011年5月9日

« 宮城での3回目の復興支援活動(4/18-4/24)の記録 | トップページ | 道はある 〜被災地への救援物資について思うこと »

エッセイ」カテゴリの記事

絵画・絵手紙」カテゴリの記事

コメント

拝読して、感動しました。被災地の皆様のお幸せを祈ります。また、TKさんもお体お大事に! どうもありがとうございました!!

祈りと絵手紙が魂の救済になりますね。ありがとうございます。

感動いたしました。ありがとうございます。

先生被災地での活動本当にありがとうございます。主人の実家は一関市で震災の一週間前に母の葬儀があったばかりでした Sちゃん達の絵手紙はすばらしく泣いてしまいました 生長の家ってすごいなと思いました

なんともせつなくて 感動いたしました。
みなさまの幸せを 祈っています。

TKさん 何度も支援活動ありがとうございます。
どうぞおからだ 大切になさってください。

先生と二人のお子さんとの何ともすばらしい心の通い合い・・・ついつい涙しました。けな気な子供さん達の絵、純真な想いがあふれていますね。そして先生の温かく優しいお人柄に感動いたしました。

皆さま、記事に温かいコメントをいただき、ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224674/51621759

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地での絵手紙教室:

« 宮城での3回目の復興支援活動(4/18-4/24)の記録 | トップページ | 道はある 〜被災地への救援物資について思うこと »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ