ブログ内検索

« 私の制作日記(60)大自然をテーマにした小品2 | トップページ | 夕食に「あさりのクリームシチュー」を作る »

2013年3月14日 (木)

わんだふる・わーるど(62) 保育所の修了式に行く

Akira_syuryoushiki_20130313a  昨日3月13日(水)、三男が通う保育所の修了式(卒園式)があり、妻と一緒に出席した。

 修了証書を所長からもらった子供は、一人ずつ親のところに行き、ひと言メッセージを語りかけ、親もそれに返答にて言葉をかける、というのがメインのプログラムだった。三男はその順番待ちの間、こちらを見たり、お友達が親に語りかけるところを見て微笑んだりして、むしろリラックスした感じで、楽しそうだった。
 私も、順番が来たら、あれを言おうか、これを言おうか考えていたのだが、本番では、「いつもありがとう」と私の耳元で小声で言ってくれたのだが、「アキラくん、おめでとう」と私が返したところで、本人がニコッと笑ってすぐにターンして席に戻ったので、「あ〜」と私が手を差し出して声をあげると、会場がドッとわいた。はからずも1秒間スピーチになってしまった。長くしゃべり過ぎるよりかは、良かったかもしれない。Akira_syuryoushiki_20130313b2
 保育所で、しかも平日の開催だったので、小さな子供たちからクラスごとにお祝いの出し物があった。合唱、器楽演奏など、あどけない表情の幼い子らを見ていると、見飽きない。Akira_syuryoushiki_20130313c
 また、会場の保育所のホールには、子供たちが制作したお面や、劇の時の演出用に描いた水彩画が飾ってあり、伸び伸びとした筆致とその色遣いに、「これは素晴らしいアートだな」と感心した。子供たちはある意味天才だと心から思う。Akira_syuryoushiki_20130313d
 いい先生、いいお友達に恵まれて、三男は本当に幸せだと思った。
 Akira_syuryoushiki_20130313eAkira_syuryoushiki_20130313g Akira_syuryoushiki_20130313f 心にしみる素晴らしい式典の準備をしてくださった先生方、保護者のお役の方に心から感謝したい。
小関 隆史
2013年3月14日

« 私の制作日記(60)大自然をテーマにした小品2 | トップページ | 夕食に「あさりのクリームシチュー」を作る »

わんだふる・わーるど」カテゴリの記事

コメント

TKさん おひさしぶりです。

アキラくん 卒園おめでとうございますshine
よくみると TKさんによく似てらっしゃいますね。
笑顔がとってもステキです。

1秒スピーチ最高でした。
卒園や卒業する我が子を見ると
「よくぞここまで」と思いますよね・・・・・ジョージも昔の感動が
よみがえりました。

ほんとうに おめでとうございました。

ジョージさん、おひさしぶりです。お元気ですか?
温かいお言葉、ありがとうございます。
今は、この笑顔で元気に小学校に通っています。
ちょっと心配していたのですが、毎日、通学が楽しそうで、
喜んで見守っているところです。
いつまでも幼いと思っていましたが、節目、節目に子供って
成長するものですね。

これからも、毎日元気に通ってくれることだけを、望んでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の制作日記(60)大自然をテーマにした小品2 | トップページ | 夕食に「あさりのクリームシチュー」を作る »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ