ブログ内検索

« 美しき文字の魅力 | トップページ | 花は咲く »

2014年9月11日 (木)

表現力を磨く

【今朝のごあいさつ 〜2014年9月11日】
 おはようございます。
 今の私の生活は、夜は子供たちと一緒に早く寝て、自然に目覚めた時に起床します。
 それで、まず神想観という生長の家の坐禅的瞑想法を20分ほど行った後、ご縁がある人に向けて、こうした朝のメッセージを書いています。
 大体は書きたいテーマが最初に思い浮かんで、それに沿って、皆さんに話すような感じで書いていきます。素直な気持ちをなるべく分かりやすい表現で、と心がけながら一気に書き、読み返して多少修正し、facebookとpostingjoy(SNS)と個人ブログに同じ文章や関連した画像を投稿します。
 なぜ、こういうことを始めるようになったかといいますと、先月(8月)の18日に、職場の全体朝礼があり、そこで朝のスピーチを担当したことがきっかけです。
 全職員が私の話を聞いてくださるということもあり、「皆さんにとって、最もふさわしいスピーチができますように…」と日々祈りながら話す内容を考えました。結局、テーマを変えて2パターンの原稿を作成し、「誰でも創造性をもっている」というテーマの方を選んで話をしました。
 すると、あとで別の部署の2、3人の方から、「私にも創造性があるんですね」「関心のあるテーマで参考になりました」などと、感想を言ってもらえ、とてもうれしかったのです。
 それで、ひょっとしたら、私が発するメッセージをほかにも待っている人がいるかもしれないと思い、毎朝、ご縁がある人と一緒に朝礼をしているような気持ちで、ネットを介して朝のメッセージを発信するようになりました。
 始めてから約30日たちましたが、不思議と書きたいテーマが必ず思い浮かんできます。
 書くということは、必然、自分の考えを整理するということになりますので、人と会話をする時に、以前よりも要点を話せるようになってきたように感じます。
 また、ネットは、双方向のコミュニケーションが簡単にできるという特徴がありますので、読み手の皆さんが、感想や意見などを投稿してくださることも、とても励みになっています。
 表現力を磨くために重要なのは、思いを表現することで客観化させ、伝えたい要点を絞っていく、という過程を繰り返すことです。話の枝葉を削ることで、伝えたいポイントが浮かび上がる。文章の場合も、絵の場合もそれは同様です。
「人生は表現の舞台」であり、常に自分が主役のオンステージです。観客の皆さんとの“共感”の輪が広がる素晴らしい舞台になるように、あらゆる面から自らの表現力を磨いていきませんか?
 さぁ、今朝も、あなたのオンステージの幕開けです。
 小関 隆史 

« 美しき文字の魅力 | トップページ | 花は咲く »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しき文字の魅力 | トップページ | 花は咲く »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ