ブログ内検索

« 良書との出合い 〜コトバの力 | トップページ | 誠意は伝わる »

2014年10月10日 (金)

準備を怠ることは、失敗を準備すること

【今朝のごあいさつ 〜2014年10月10日】
 おはようございます。
 今朝は、「準備」のテーマでお話します。
 昨日、『OZ plus(オズプラス)』VOL. 39 2014年11月号を読んでいたのですが、「アタマとココロの栄養になる言葉」という特集テーマで、著名人から読者までの、いろんな方の支えになったり、落ち込んだときに気持ちを切り換えてくれる言葉を紹介していました。
 それぞれ、いい言葉ばかりだったのですが、特に私の心に響いたのが次のフレーズ。
「準備を怠ることは、失敗を準備することである。By failing to prepare, you are preparing to fail.」(ベンジャミン・フランクリン)
 なかなか、ぐさっとくるスルドイ言葉ですね。言い返せないような説得力を感じてしまいます。
 ただ、逆に言えば、準備さえ入念にしておけば成功は間違いなし、と言っているように思います。
 会議の議案書を作るときなど、いろいろ調べる必要があったりして、私など、ともすれば面倒に感じることもあります。時間をかければきりがないので、ついついある程度のところで切り上げることになってしまう。でも、議案が練られていないと、会議の時間が長くなりがちで、決まることも決まらなくなってしまいます。だから、やっぱり、時間をかけても、準備は大切だと思いますね。
 私の知人に、山仕事の達人と思える人がいるのですが、その人は、よく道具の手入れをするそうです。チェーンソーなどの工具や、鎌などの道具を、常に最善の状態で使えるようにしておく。すると、実際の作業が大幅に短縮され、しかも、気持ちよく、いい仕事ができる。切れ味に差が出るからです。
 その方は、先日、私の職場である“森の中のオフィス”の見学にこられた時に、開口一番、「道具を見せてほしい」と。それで、農事倉庫にある鎌、トラクター、雪かき機などを、目を細めながら、つぶさに見て回られていました。道具を愛しているんだな、と思いました。道具を見ると、何をどうやっているかが、見えてくるのでしょうね。こちらは、ドキドキですが…。
 さて、本日は、午前、午後にまたがって、別々の会議があります。ちょっとギアを入れ直して、資料の準備をしたり、目を通したり、朝のうちにできる限り、やっておきたいと思います。
 冒頭のベンジャミンの言葉を肝に銘じつつ。
 皆さん、今日も、お元気で!
【参考資料】
○『OZ plus(オズプラス)』VOL. 39  NOV. 2014(スターツ出版、2014年9月27日発行)

« 良書との出合い 〜コトバの力 | トップページ | 誠意は伝わる »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 良書との出合い 〜コトバの力 | トップページ | 誠意は伝わる »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ