ブログ内検索

« 関係性の中で見えてくるもの | トップページ | 自分にできることを無理せず続ける »

2014年10月 1日 (水)

詩が生まれるとき

【今朝のごあいさつ 〜2014年10月1日】
 おはようございます。
 昨日は、職場の朝礼で同僚のHさんが、シンガーソングライターの谷山浩子さんの詩をいくつか紹介してくださったのですが、とても私の心に響いたので、早速、CDをお借りして聴いてみました。
 まず、Hさんが好きだという曲「きみの時計がここにあるよ」を最初に聴いたのですが、これがいいんですよね。置き時計の文字盤の上に描かれた“頬杖つく天使”を見ながら、遠く離れたところにいる「この天使を描いた誰か」への愛が表現されています。ちょっと、詩の最後の部分だけ紹介します。
そばにいるわけじゃない
何もしてあげられないけど
それでも今きみが もしも淋しいのなら
僕はただ伝えたい 夜空こえて届けたい
きみの時計がここにあるよ
きみの天使がここにいるよ
きみの時計がここにあるよ
きみの天使が僕は好きだよ
 詩というのは、芸術ですので、真っ先に感覚的に伝わってくるものがあります。そして、この詩の場合は、私にとっての「遠くにいる誰か」への感情と重なって共感を生む。そのように、読み手にもイメージの広がりをもたらすことが、芸術の魅力の一つだと思うのです。
 私もときどき詩を書きますが、はやり、心が動かされたときに自然に言葉が出てくるのですね。まさに「言葉が出てくる」という感じで。
 おそらく、作ったものではなく、そういう「湧いてくる思い」こそが他者にも伝わるのでしょうね。
 ですから、詩を書くというよりは、「詩が生まれる」という方が、私にはしっくりきます。 
 この谷山さんの「きみの時計がここにあるよ」のような心に響く詩を読むと、私の中の詩心がむずむずと動き出すのです。
 
 私は、いつか遠い将来でもいい。自分の心の底からわいてきた思いをメロディーにのせて歌いたい、という夢をもっています。
 大切なことは、夢を持ち続けること、一歩一歩でもいいから近づいていくこと。
 そして、夢に向かっている“今”に最高の喜びを感じること。
 今日も、さわやかな一日でありますように。
  小関 隆史(TK)
H_taniyama_cd

« 関係性の中で見えてくるもの | トップページ | 自分にできることを無理せず続ける »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関係性の中で見えてくるもの | トップページ | 自分にできることを無理せず続ける »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ