ブログ内検索

« スマホとガラケーの溝 | トップページ | 1年を振り返って »

2014年12月18日 (木)

秋の思い出

【今朝のごあいさつ 〜2014年12月18日】

 おはようございます。
 今朝は、絵を描きたい気分でしたので、秋に見た風景を水彩で描いてみました。
 1カ月近く前、11月25日に韮崎駅のホームから眺めた山手の景色です。
 写実じゃなくて、色のイメージを再現したいと思いました。
 街を歩いていると、突然に心惹かれる風景と出合うもので、そうした時は、
 絵を描く準備をしていなかったり、時間がなかったりで、後ろ髪を引かれる思いで、その場を後にします。
 私の場合は、常にデジカメを携帯していますので、心に風景を焼き付けるだけでなく、パシリと撮影しておきます。
 後から、描く時にイメージを思い出すのに写真は便利だからです。
 現場でリアルな風景を見ながら描くのが一番いいのは言うまでもありませんが、
 あとから思い出しながら描くのも、また楽しいものです。
 そうです。絵は、自由に描いてもいいのが、最大の魅力だと思います。
 デッサンが基本というのは、もちろん真実なのですが、自由な発想が許されるのが絵画の世界。
 だから、こうして過去の記憶や、それに今の思いを重ねて好きなように描く事もできるわけです。
 ありがたいな、と思います。
 芸術の世界では、過去、現在、未来を行き来できる。
 人間には、誰にでも想像力と創造力があるからです。
 だから、その能力を生活の全面で使わなければもったいないですね。
 未来を描くのは、どの世界でも求められていること。
 未来を描いた人によって、今が創られたわけですから。
 今日も、無限の想像力と創造力を生かす一日にしたいですね。
 どうぞ、お元気で。
 ○サイズF1号、水彩紙(museミューズ、スーパースケッチ)
Nirasaki20141218

« スマホとガラケーの溝 | トップページ | 1年を振り返って »

絵画・絵手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホとガラケーの溝 | トップページ | 1年を振り返って »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ