ブログ内検索

« 「答え合わせ」の習性がもたらすもの | トップページ | 人間を理解するということ »

2015年1月21日 (水)

真実の青

【今朝のごあいさつ 〜2015年1月21日】

 おはようございます。
 今朝は音楽の話題です。
 最近、カーシェアリングを利用した際に、移動する車の中で久しぶりにシンガーソングライター、真藤敬利さんの『真実の青』というアルバムを聴きました。ポップミュージックです。
 この中に収録されているアルバムタイトルと同名の「真実の青」という曲が、私は好きなのです。
 この曲を聴いていると、自分が20代の青春時代のころの苦悩と葛藤、そしてそこから立ち上がろうとしていた時の気持ちが、甦ってくるのですね。
 恋いこがれるほど好きな人がいても、その思いが本当の愛なのか自信がなくて打ち明けられず、悩み苦悩する。さなぎのように布団にくるまって朝が来ても起きられない。そんな自分が嫌になって…。でも、そんな中でも湧き出てくる「前に進まなければ」という思い。それらが、なつかしく思い出され、今の自分を鼓舞するのですね。
「真実の青」の一番好きなフレーズを少し紹介します。
-----------------------------------------------------
 今まで歩いてきた道が
 正しいとか間違いだとか
 考えて頭抱えて
 わかったことがあっただろうか
 「いつまでくすぶってんだろう」
 「いつまで立ち止まってるんだろう」
 一人つぶやいた言葉は
 向かい風に掻き消された
 振り返っても 足跡はもう
 消えている…
 溢れる人混みに紛れ
 仰いだ空は教えてくれる
 生きてく事の厳しさと
 生きてる事の素晴らしさ
------------------------------------------------------
 青春時代の青く、純粋な思い。
 それは、未熟でありながらも、愛おしく思えます。
 「いつまでくすぶってんだろう」
 「いつまで立ち止まってるんだろう」
 それは、苦悩の中で内からわき起こってきた
 もう一人の真実の自分の声
 その“声”は、今も耳をすませば聞こえてくる。
 その声に従って生きていこうと、思いを新たにするのです。
 今日も、お元気で!
○真藤敬利オフィシャルウェブサイト
http://www.shindotakatoshi.com/main.html

« 「答え合わせ」の習性がもたらすもの | トップページ | 人間を理解するということ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「答え合わせ」の習性がもたらすもの | トップページ | 人間を理解するということ »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ