ブログ内検索

« 花咲くマウスケア | トップページ | 『魂にメスはいらない』を読んで(1) »

2015年1月31日 (土)

いろんな人と協力して仕事をする楽しみ

【今朝のごあいさつ 〜2015年1月31日】

 おはようございます。
 最近は、2月1日に職場の生長の家“森の中のオフィス”にオープンする「本とクラフト こもれび」の開店準備の仕事を進めています。
 一昨年まで職場が東京・原宿にあった時には、「聖典頒布所」という書籍販売コーナーがあったのですが、このたびは、書籍やCDだけでなく、クラフト(手工芸品)の製品を取り扱うことにしましたので、雰囲気がガラリと変わります。大きなテーブルやベンチもありますので、ちょっとしたカフェ&ショップの雰囲気も。
 何でもそうですが、新しいものを一から創るのは、いろいろ考えるべきことや準備作業が多くて大変な面もありますが、それと同時に、それまでなかったものが目の前に現れてくるというのは、芸術作品を作るのにも似た感動があります。
 今回も同様で、どのようにクラフトを展示するか?、プライスタグはどうするか?ーーなど、店の全体の雰囲気を考えつつ、ディスプレイ用品を集め、個々のありようを決めていくのは、とても楽しい作業です。
 何より私が楽しいと思うのは、こういうプロジェクトは、一つのセクション(部署)だけで成し遂げるのではなくて、他部課の人や、クラフトの提供者(作家)ら、いろんな人と仕事を進めていく点です。
 その中で、いろんな発見があるのですね。
 例えば、POP(広告)が必要だ、と思っていたら、クラフトの作家さんが自ら手づくりの立体的なPOPを作ってきてくださったり、ショップスタッフが、木と自由に曲がる針金を組み合わせて、売り物のようなオシャレなPOP用のクリップを作ってくれたり、個々の意外な才能や思いを垣間みることができるのですね。しかも、遊び心を大切にして、楽しんで作業をしてもらっていることが、うれしいのです。
 また、私の部課の若手スタッフ3人とは、最初のショップのコンセプトづくりの段階から何度もブレインストーミングを重ねて、アイディアを出し合い、インテリアデザインまで考えるという、ショップづくりの過程を根気よく共に歩んでくれて、感謝しています。
 そうした積み重ねと願いの総体として、「本とクラフト こもれび」という新しいショップができていく。そこに私は醍醐味を感じます。
 いよいよオープンは明日。
 訪れた方が、楽しくて、感動して、思わず誰かに紹介したくなるような店になればいいな、と思っています。
 皆様、いつか機会があれば、お越しくださいね。
 今日も、お元気で!
10952164_597528460347960_334773666_

« 花咲くマウスケア | トップページ | 『魂にメスはいらない』を読んで(1) »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花咲くマウスケア | トップページ | 『魂にメスはいらない』を読んで(1) »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ