ブログ内検索

« 絵師・長谷川等伯を描いた小説 | トップページ | 学校・家庭・地域が連携した青少年の育成を »

2015年2月26日 (木)

4台目もガラケーか!? 

【今朝のごあいさつ 〜2015年2月26日】

 おはようございます。
 最近、携帯電話(写真)のバッテリーの寿命が近づいてきたようなので、買い替えを検討しています。
 本機を、ちょうど丸4年使っていることになります。
 それで、買い替えるなら、いっそスマートフォンという手もあるかな、と思って、いろいろ思案中なのですが、今のところ、8対2で“ガラケー”の方に傾いています。
 そもそも、仕事でもプライベートでもスマートフォンに代えるべき明確な理由と必然性がないのです、私にとって。
 必然性があれば迷う必要はないわけです。
 ただ「スマホは便利そうだな」というのは、傍目で見ていると感じます。
 でも、私の場合は、携帯でそれほどメールのやり取りをするわけでもなく、通話も家族や仕事がらみで必要最小限に使う程度。
 ほんとに、相手からの連絡と、ごくごく短いメールで返事を書くぐらいなのです。
 しかも、携帯電話でメールを入力するのが、苦手なのです。
 できれば、パソコンからメールを送りたい。
 そんなこんなで、別に困っているわけではないので、私にとっては、ガラケーで充分かな、と思っています。
 通信料だって安いですしね。
 
 ただし、出張の時に、3G仕様のiPadを携帯しているときは、移動の際にも、メールの返信が打てるので便利だな、と思います。
 それだって、別に移動中の車内で急いで返信しなくても、宿舎に着いてからでも、いいと言えばいいですよね。
 だから、iPadだって、あまり持ち歩きたくないのです。
 車中で携帯端末を使っているのが、もったいない、と感じることもありますから。
 なので、時折ウトウトしながら、なるべく読書をしたりするのです。
 スマートフォン1台あれば何でもできてしまうことが、逆にその機器への依存を高めてしまうようで、コワイのです。
 根っからのアナログ派の私としては、だから、「必要最小限」の機能をもつガラケーの方に惹かれるのです。
 メモ程度の写真、通話、メール…、それだけの機能があればいいかと。
 こうして、4台目もやっぱりガラケーを選んでしまいそうな私なのであります。
 自分にとって必要かどうか、ムダはないか。そう、常に問いかけないといけないな、と自戒するこのごろです。
 今日も、どうぞ、お元気で!
Garake20150226

« 絵師・長谷川等伯を描いた小説 | トップページ | 学校・家庭・地域が連携した青少年の育成を »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵師・長谷川等伯を描いた小説 | トップページ | 学校・家庭・地域が連携した青少年の育成を »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ