ブログ内検索

« 4月の雪 | トップページ | サクラ、ひらく »

2015年4月 9日 (木)

琳派400年

【今朝のごあいさつ 〜2015年4月9日】

 おはようございます。
 江戸時代に隆盛した芸術様式の「琳派(りんぱ)」が、創始されてから今年で400年だそうです。
 創始者の本阿弥光悦をはじめ、俵屋宗達らの名前、その宗達の手がけた国宝「風神雷神図屏風」はつとに有名ですね。
 京都では、すでに琳派に光をあてた展覧会が始まっていて、今年は、いろんな美術館や博物館、所蔵の寺院等でイベントや公開が予定されているようです。
 中でも、養源院では、写真の「松図」(重要文化財)がいつでも見られるとか。これぞ琳派という感じの大胆で装飾性が高い一方で、リアリティを感じますね。ぜひ、本物を目にすることの幸を味わいたいものです。
 実は、私の妹家族が、京都の鷹峯に住んでいて、近所には光悦寺をはじめ、琳派ゆかりの場所がいくつかあります。
 こんもりとした小さな山もあり、なかなか風情のある土地です。
 京都盆地は三方を山に囲まれていて、しかも、どことなく丸みを帯びた山が連なっているので、やさしい印象を受けます。
 だから私は、山といえば、こんもりとした山を想起します。
 ふるさとの風景は、体と心にしみわたっているのですね。
 おそらく私が描く絵も、生まれ育った京都の街のさまざまな意匠が影響を与えていることでしょう。
 自ずから出るそれらの特徴を、これからも素直に表現していければいいな、と思うこのごろです。
 休日の今日、まだ少し寒さが残った曇り空の町をちょっと散歩して、小さな春を見つけたいと思います。
 今日も、お元気で!
【参考資料】
○『朝日新聞』be Extra TRAVEL(2015年3月8日)
Matsuzu20150409

« 4月の雪 | トップページ | サクラ、ひらく »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月の雪 | トップページ | サクラ、ひらく »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ