ブログ内検索

« 原宿に出張してきました | トップページ | 『極限への挑戦者』を読んで(1) »

2015年4月22日 (水)

春の森を歩く

【今朝のごあいさつ 〜2015年4月22日】
 おはようございます。
 昨日は、職場で山野草の研究家の宮原先生をお迎えして、「自然を伸ばす活動」がありました。
 最初に1時間、「毒草と山菜について」とのテーマでお話と質疑応答の時間があり、その後、“森の中のオフィス”敷地内の森を散策しました。
 ここ八ヶ岳南麓も、日中ようやく暖かくなってきたので、ミヤコザサ繁るふかふかの林の中を歩くと、とても気持ちがよかったです。
 よもぎ、フキ、タラ、野いちご、ぼけ、ヤマザクラ、シラカバ、トリカブト、サルノコシカケなどなど、宮原先生に教えてもらいながら、出合いと発見の喜びを味わいました。
 
 シラカバは、芽吹く前の2週間だけは、幹にドリルで穴をあけて、チューブを入れておくと6時間ほどで2リットルほども樹液がたまるそうで、それでコーヒーを淹れるとおいしく、それを煮込めば甘いシロップになるとの話もありました。すごい贅沢ですね。
 開けた穴はやがて自然にふさがるそうで、自然の回復力のすごさに驚き、かつ安心しました。
 また、繁茂するミヤコザサを今の時期に刈ると、新芽が出てきたり、ほかの植物も芽を出すことや、敷地内の沢にたまった枝や枯れ葉などを取り除いてきれいにすると、サワガニが生息するようになったり、水辺に草花が生えやすいという話も聞きました。
 ずっと下を見ながら歩いていると、ところどころにシカの糞が落ちていたり、シカが樹皮を食べた跡が残っていました。この森は、野生動物も育んでいるんだな、と実感したことでした。
 
 森の散策の後は、間伐で切り出した木材をトラックに積み込んで、近隣に差し上げました。太い丸太を皆で協力しながら運び、いい運動になりました。
 一連の作業を終えてオフィスに戻る道すがら、上を見上げると、夕方なのに青空が広がっていました。
 うわぁっと空に向かって手を伸ばしたくなるほどの、いい気分でした。
 今日も、お元気で!
Shizen01
Shizen02
Shizen03
Shizen05
Shizen06
Shizen07
Shizen08
Shizen09
Shizen10
Shizen11
Shizen12
 

« 原宿に出張してきました | トップページ | 『極限への挑戦者』を読んで(1) »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原宿に出張してきました | トップページ | 『極限への挑戦者』を読んで(1) »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ