ブログ内検索

« 生命科学者が訳した般若心経 | トップページ | 森のレストラン »

2015年5月23日 (土)

イノベーション(innovation、変革)

【今朝のごあいさつ 〜2015年5月23日】
 おはようございます。
 今、日本のみならず世界では、持続可能な社会づくりを進めるために、「変革」が求められていると感じます。
 そんな私が、読みたいと思って選んだ書籍は、次の2冊です。
 『全員経営 〜自立分散イノベーション企業 成功の本質』(野中郁次郎、勝見明共著、日本経済新聞社刊、2015年)
 『イノベーターの条件 〜社会の絆をいかに創造するか』(P・F・ドラッカー著、上田惇生編訳、ダイヤモンド社刊、2000年)
 前者は、最新の企業の成功事例が解説されていて、後者は、そのバックボーンとなるドラッカーの考え方と、国際社会の動きが学べそうです。
 前者を読んだ人の話では、今伸びている企業は、個の知識が生かされる非常に有機的な形態を持っているということです。分かりやすく説明すると、社会と接する第一線ではさまざまなニーズが刻一刻と変わるけれど、それを的確に汲み取る現場のリーダーがいて、それを上部(層)に提案し、運営に反映させていくシステムや企業風土があるということです。いい例が、東日本大震災の時、現場の責任者が、中央からの指示待ちでなく、会社の方針に照らして、どのような行動をとるのが適切なのかを判断し、迅速に対応したことなどです。現場責任者にある程度の権限を与えることも必要となってきます。
 主体的に働く個のネットワーク、そういうイメージが私にはあります。
 先に「個の知識が生かされる」といいましたが、「個のつながりも生かされる」組織でもあります。個には、個に特有のネットワークがあります。一人が一人であって一人でない。一人の知識が、一人のものにとどまらず、他の知識とつながっているからです。そう考えると、個のネットワークでつながった知識は、無限に広がっていきます。それを生かせるかどうかがカギです。
 そうした個のあり方、個の生かし方についても、この2つの著書を読みながら、考えてみたいと思っています。
 変革のためには、まず私自身が生まれ変わらなければなりません。私自身の意識改革を抜きに、周りの環境は変わらないと思うからです。
 私と他者は一つ。
 だから私の道を生きることです。
 新しい私を生きることです。
 すべてとつながっている私です。
 読書は新しい私との出合いですね。
 手にする本との出合いに偶然はありません。
 大切な学びがそこにあり、 
 希望が詰まっているはずです。
 いい本と出合えて幸せですね。
 ワクワクします。
 今日も、どうぞ、お元気で!
Innovatar20150522

« 生命科学者が訳した般若心経 | トップページ | 森のレストラン »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生命科学者が訳した般若心経 | トップページ | 森のレストラン »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ