ブログ内検索

« ネパールへの緊急支援 | トップページ | ゴルフ練習場に行く »

2015年5月 4日 (月)

ウッドガスストーブを作る

【今朝のごあいさつ 〜2015年5月4日】
 おはようございます。
 昨日から連休が始まりました。
 朝から小3の三男にリクエストされていた、小型のウッドガスストーブを作りました。ストーブとはいっても、手のひらに載るくらいの小さなものです。燃料は、拾い集めた小枝や木質ペレットです。
 なぜ「ガス」なのかというと、ストーブで木を燃やす時に、可燃性のガスが出てきて、それで二次燃焼を起こさせる構造になっているからです。
 材料は、オイルポット、スチール製の貯金箱、ケーキの型抜き、落としぶた等を、100円ショップで購入して、個々を加工して組み合わせて作ります。合計500円くらいです。
 そもそも三男が、友達のお母さんが庭でこのウッドガスストーブを作っているのを見て、憧れたようです。
 材料と、ポンチやドリルドライバー、ニッパーなどの工具さえあれば作り方は簡単です。
 私は工作が好きなので、ネットで調べた製作手順に従って、2時間半くらいで仕上げました。
 実際使ってみると、勢い良く燃えてくれ、小さなポットで湯を沸かすことができました。
 次に、ステンレスの落としぶたを加工して作った五徳(ごとく)の上で、焼き椎茸を作りました。
 こちらは、課題が残りましたね。五徳の穴が小さいので、火が当たりにくく、焼くのに時間がかかりました。また、五徳の直径がストーブの直径よりも大きいので、火力を維持するために追加で入れる木の枝やペレットが入れにくいのです。これは、穴をドリルで大きくするなど、改良の余地がありますね。
 とはいえ、小さくて携帯に便利なため、登山やハイキングなど、野外で何か作る時に重宝しそうです。
 三男のおかげで、工作の楽しさと、手づくりストーブの活用のおもしろさを味わうことができました。
 今日も、どうぞ、お元気で!
Woodgasstb20150503f

« ネパールへの緊急支援 | トップページ | ゴルフ練習場に行く »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネパールへの緊急支援 | トップページ | ゴルフ練習場に行く »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ