ブログ内検索

« ファーマーズマーケットに行く | トップページ | 子供たちとつくる家庭菜園 »

2015年5月26日 (火)

ファミリーコンサートの夢

【今朝のごあいさつ 〜2015年5月26日】
 おはようございます。
 私の夢は、いつか家族で演奏会を開くことです。
 わが家には今、音楽の風が吹いていて、6人全員ではありませんが、日々音楽のレッスンを続けている人が増えてきています。
 筆頭は高3の長女。彼女は、小さなころから音楽が好きで表現に対する欲求も旺盛。ふだんも、うるさいほど、よくしゃべります。生まれて数カ月〜1歳のころは、よく夜泣きをして親を困らせてくれたのですが、機嫌が良くなる一番の特効薬が歌でした。
 夜中、あやしても泣き止まない時、私は小さな彼女をギターを抱えるように抱き、右へ左へとリズムつけて揺らしながらアリスの名曲『チャンピオン』を小声で歌いました。そう、「つかみかけた〜、熱い腕を〜、ふりほどいて〜、君は出てゆく〜」と谷村新司になりきって熱唱するのです。
 すると、あれほどワンワン鳴いていた彼女が、ケラケラとうれしそうな顔で笑い出します。それで、ゆっくりフェイドアウトしていって寝かせる…、また起きる…くり返す、というようなことをやっていました。
 この“チャンピオン方式”が効いたのは(ウケたのは…笑)、彼女の時だけだったので、生まれながら音楽のセンスがあったのでしょう。いや、聴く耳があったと言うべきか…ニヤリ。
 時は過ぎ行き、彼女は、中学時代から音楽教室に通うようになり、童謡や唱歌を歌い始め、やがて、同年代の子たちと一緒にオペラに出演したりするようになりました。昨年、山梨に引っ越してきてからは心機一転、ピアノ教室に通ってレッスンを続けています。
 子供ってすごいですね。習得がはやいです。まだ1年も経たないうちから発表会に出演したりして、びっくりです。
 私が、この5月からギター教室に通い出したのも、そんな彼女の影響があると思います。妻もピアノを弾きますし、小3の三男もピアノを習っていた時期があって音楽好き、高1の長男も学校で習った合唱曲を浴室で機嫌良く歌っています。中2の次男は今のところ音楽には興味がなさそうですが、いつ目覚めるか分かりません。
 とすると、将来、ファミリーコンサートも夢ではないかも…と思ったりします。
 音楽というのは、人の心を一つにします。演奏者たちの心も一つにならないと、いい演奏はできません。
 ですから、音楽の演奏を通して、家族の心が一つになれば、素晴らしいですね。
 さしあたって、長女のピアノ伴奏で、『チャンピオン』でも歌ってみますか。
 きっと、彼女がケラケラと笑い出して、伴奏にならないかも知れませんので、それはやめておきます。
 でも、近い将来、彼女の伴奏およびコーラス付きで、何か好きな曲を歌ってみたいと、ひそかな希望を抱いています。
 音楽は、身体全体を使った芸術表現の一つ。
 人間の身体は、無限の可能性をもっていますから、誰でも、磨けば磨くほど、上達すると思います。ただし、あきらめずに、続けることが大事。
 私も、ギターの弦を指でおさえる際、うまく指が動かなくて、もどかしく感じることも多々ありますが、それでも続けること、音楽自体を楽しむこと、それが一番大切だと、自分に言い聞かせています。
 そのうち、練習の成果をご披露するつもりです。
 表現することが、自分をさらに磨くきっかけになるからです。
 人生は表現の舞台。
 能力を出し惜しみせず、どんどん出していきたいですね。
 私たちを生み出した大いなる存在も、
 そんな私たちのチャレンジを、 
 「良きかな、良きかな」とあたたかく見守っていてくれるはずです。
 今日も、それぞれの夢に向かって。
 どうぞ、お元気で!
 
Guitar20150526  

« ファーマーズマーケットに行く | トップページ | 子供たちとつくる家庭菜園 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファーマーズマーケットに行く | トップページ | 子供たちとつくる家庭菜園 »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ