ブログ内検索

« わが菜園を愛でる | トップページ | 小さな春の光をさがして »

2015年5月10日 (日)

“人生大学”はいつでもオープンキャンパス

【今朝のごあいさつ 〜2015年5月10日】
 おはようございます。
 私のモットーは、「生涯学習。学びたくなったときが学びを始めるチャンス」です。
 私は、自分が生きているこの社会自体が、“人生大学”で、そこはいつでも誰にでも開かれた「オープンキャンパス」なのだと考えています。
 ちなみに、この人生大学における私の目下の専攻は、「宗教・芸術・農業・育児コース」といったところでしょうか。選択式なので、どんな授業でも自由に選べて学べます。いつ始めるか、いつ学ぶか、どんなペースで学ぶか、どこで学ぶか、いつやめるか、なども自由自在なのが魅力。
 入学試験もありませんが、目に見えない“学生募集要項”には、ただひと言、「進んで楽しく学ぶこと」と書かれてあります。そう、生涯学習においては主体性が大事なのですね。主体性、積極性をもって取り組むからこそ力がつきます。
 それで、この人生大学では、学んだことや体験したことを、他の人に向けて発信し、伝えるということを推奨しています。なぜなら、ふだん机を並べて学んでいない学生同士でも、ネットでつながり、意識の奥底でも、しっかりとつながっているからです。
 だから、学生(人)は、それぞれの場所で一人だけで生き、学んでいるのではなく、互いに影響し合って、切磋琢磨しているのです。そして、一人の学びが他者の学びとなり、総じて社会が築かれていくのです。素晴らしいことですね。
 こうした考えのもと、わが家でも、自分で学びたい学科を見つけて、積極的に学習することを家族に勧めています。
 自修や独学でも結構ですが、わが家では今、ギター教室や音楽教室に通って芸術的感覚や技術を磨いたり、通信教育で学習したりといった、専門家によるサポートを受けている人も増えてきています。
 
 学び方は、各自の自由自在なのです。
 この生涯学習には、スポーツなどの体を鍛えることも含まれています。
 こうして、心が向上の喜びに満たされ、生活にリズムが生まれることで、健康は自ずからあらわれてきます。心と体はつながり、影響を与え合っているからです。
 進んで楽しく学ぶ。
 日々にたゆまず学び続ける。
 今から、はじめてみませんか?
 ニッコリマークの幸せが
 自分にも、まわりにも広がりますよ。
 今日も、どうぞ、お元気で!
【参考資料】
○筧田知義、尾崎ムゲン、若原道昭監修『教育の原理と課題』京都造形芸術大学通信教育部刊、1999年(非売品)

« わが菜園を愛でる | トップページ | 小さな春の光をさがして »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わが菜園を愛でる | トップページ | 小さな春の光をさがして »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ