ブログ内検索

« 葉っぱが教えてくれたこと | トップページ |  大きな影 »

2015年6月14日 (日)

虫たちよ、ありがとう!

【今朝のごあいさつ 〜2015年6月14日】
 おはようございます。
 昨朝、庭の畑で一つ一つの作物を観察していると、マスクメロンが着果していることに気がつきました。葉っぱの下にひっそりと。でも、すでにテニスボールくらいの大きさに成長していたのです。
 その近くのカボチャも着果。こちらは、まだピンポン球くらいの大きさでした。
 裏庭に植えたジャガイモからも、写真のような芽が出始めてきて、わが家の菜園は、賑わいを見せつつあります。
 私は、子供のリクエストで、今年5月6日に初めて、スイカとメロンの苗を植えたのです。でも、ちょっぴり不安でした。苗の説明書を読むと、着実なのは人工授粉であると勧めています。要するに、人の手で雄花の花粉を雌花に付けるのです。でも、なかなか素人には雄花、雌花の見分けがつきにくいらしく、困って、知り合いの専門家に相談しました。
 すると、「ハチやチョウチョウが飛んで来ていれば大丈夫。おそらく受粉しますよ」とのことで、様子をみることに。
 それから、庭でハチやチョウチョウの姿を見ると、「たのむぞ」と念を送っておりました。
 そして念願の着果です。うれしかったですね。
 すぐに、子供たちを庭に呼び、喜びを分かち合いました。メロン効果は絶大で、みんな庭の畑でメロンが育つことに驚いていました。
 わが家の庭では、花やハーブ、野菜など十数種類の作物を植えています。有機無農薬で多品種を育てていることで、いろんな虫たちを引き寄せているのではないか、と思います。
 もちろん、白菜やキャベツ、ブロッコリーなどは、ちょっと心配するほど、アオムシに食べられたりはしますが、それでも、アオムシがやがてチョウチョウに成長することを思うとき、愛しくなるのです。まあ、少々食べられてもいいか、と。
 そして、クモや地べたを這う虫、葉っぱの上でうごめく名も知らぬ虫など、彼らの姿を見ると、なんだかうれしくなってくるのですね。
 まさしく生命に囲まれて暮らしていることに。
 最近では、「生物多様性」という言葉が、彼らの姿とともに、具体的なイメージとなって思い浮かんでくるようになってきました。
 虫たちと協力しての作物づくり。
 そこに感謝の思いが芽生えてきます。
 今日も、どうぞ、お元気で!
Dscf2340_1
Dscf2341_1
Dscf2342_1

« 葉っぱが教えてくれたこと | トップページ |  大きな影 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葉っぱが教えてくれたこと | トップページ |  大きな影 »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ