ブログ内検索

« 作物の不思議 | トップページ | 野外でのバレエ公演を観て »

2015年7月30日 (木)

 50/100の心意気で

【今朝のごあいさつ 〜2015年7月30日】
 50/100の心意気で
 おはようございます。
 昨日は、たくさんの方から誕生日を祝うメッセージをいただき、ありがとうございました。
 また、画面の向こうで祝福の気持ちを寄せてくださっていた皆さまにも、感謝申し上げます。
 おかげさまで、50歳というキリの良い誕生日を健康で迎えることができまして、この上ない喜びです。
 私、気持ち的には、身なりも生き方も36歳くらいの感じで生きておりますが(笑)、50というのは、何かとてもいい感じです。覚えやすいですし、「半分」という感じがするのもいい。スパッと切れ味もさわやかな印象です。
 人間の寿命はさまざまで、長く生きれば良いというものでもありませんが、私はなるべく元気で長生きしたいと思っています。特に、芸術や信仰では、「深み」という要素が重要になります。内から醸し出す何か。言葉では表現しにくいのですが、作品や全身から立ち上ってくる味わいが、大きいと思うのですね。小手先ではなく、自ずから出てくるもの。それはごまかせません。
 そこが厳しいところでもあり、チャレンジする価値のあるところです。
 先日、ご紹介した篠田桃紅という103歳の画家は、作品だけでなく、その人の身なりや立ち姿、立ち振る舞い、生き方も含めて、すべてが自己表現だと思えました。一言で言うと、すべてにシャンとしていて、一本のスジが通っているのですね。
 表現の奥にある元は一つですので、当然といえば当然のことです。
 私は、100歳を目指そうと心に決めました。
 50/100(100分の50)の心意気です。
 新しい100歳像を作り上げる、その第一歩が今日です。
 昨夜は、家族がささやかな誕生日パーティを開いてくれました。
 特に小3の三男は朝から張り切っていて、会場づくりや、式次第の考案など、楽しそうにいろいろ準備していました。すると、「開会の言葉、お父さんやって」と頼んできたので、「まさか主役がいきなり開会の言葉はないでしょう」と切り返し、理由を説明しました(笑)。子供の発想は自由自在で楽しいです。
 一番うれしかったのは、家族それぞれの祝う気持ちが表れていたことです。
 長女は得意のピアノで、『ハッピーバースデー』の曲を弾いてくれました。長男は、プレゼントの菓子(魚肉カツとチョコ)を買いに走ってくれました。次男は、重みのある「K」のキーホルダーを用意してくれました。総合プロデューサー!?の三男は、パンケーキのデコレーションを担当。イチゴは、庭の畑でとれた貴重な3個をスライスしてのせてくれました。頭いい! 妻は、庭でとれたズッキーニを入れた野菜のハヤシライスとパンケーキ焼きを担当。
 
 家族ってなんかいいですね。 
 心からそう思いました。
 この幸せをエネルギーに、今日からスタートです。
 唯一無二の人生を生きるために。
 皆さま、今日も、お元気で! 
3
2
1

« 作物の不思議 | トップページ | 野外でのバレエ公演を観て »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 作物の不思議 | トップページ | 野外でのバレエ公演を観て »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ