ブログ内検索

« フラワー・ワンダーランド(Flower Wonderland) | トップページ | それでも君を愛してる »

2015年8月15日 (土)

夕焼け空に思う

【今朝のごあいさつ 〜2015年8月15日】
 夕焼け空に思う
 おはようございます。
 昨日は、帰りのバスの車窓から、それは見事な夕焼け空が見えました。
 ずっとずっと眺めていたいほどの美しさでした。
 圧倒的なボリュームの雲がこんこんと湧き出でて、うす紫色に輝きながら空を覆っていました。
 それを見ながら想像したのですね。
 この空を覆うような大きさの雲が、もし、巨大な生物だったら…、と。
 例えば恐竜や怪獣のような巨大生物が、空を覆う雲くらいの大きさだったら、ビックリするだろうな、と。おそらく、それほどのスケールの生物が現れると違和感を感じるでしょう。
 実際、その生物は何を食べ、どこで眠り、どこを足を踏みしめて歩くだろうか? 私たち人間や動植物とまったくスケール感が異なるので、おそらく共存はできないでしょう。
 そう考えると、この世界は絶妙のバランスで成り立っていることに、今さらながら感動を覚えます。
 大きな山や海、川、雲…、時に私たちを圧倒するスケールで迫ってくる自然の造形物は、その性質だからこそ自然に収まっている。
 それらに比べて小さな人間や動物、植物がそこで暮らし、そこで遊び、そこを飛ぶ。それが互いを破壊することなく行える世界であるはず。
 私たちがこの大きさであること、魚が魚の、動物が動物の、植物が植物の大きさであること。性質を持っていること。そこには、全体との関わりの中での明確な理由があってのことであると、改めて感じたのです。
 この世界にあるものは、すべてひとつながりであり、絶妙のハーモニーで成り立っている。
 美しい地球、それが抽象的な概念ではなく、リアリティーをもって迫ってきたのです、昨日の夕焼け空から。
 私が受けとめた夕焼け空のイメージ画をそえて、結びとします。
 
 今日も、どうぞ、お元気で!
1

« フラワー・ワンダーランド(Flower Wonderland) | トップページ | それでも君を愛してる »

絵画・絵手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フラワー・ワンダーランド(Flower Wonderland) | トップページ | それでも君を愛してる »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ