ブログ内検索

« イメージする能力を高める 〜想像力と創造力 | トップページ | 愛の花束 »

2015年8月31日 (月)

アンサンブル(合奏)は魅力的

【今朝のごあいさつ 〜2015年8月31日】
 アンサンブル(合奏)は魅力的
 今朝、こちらに記事を投稿するのを忘れてました。
遅れましたが、アップさせていただきます。
------------------------------------------------
 おはようございます。
 昨日は、近所の長坂コミュニティステーションのホールで、ひなげし会のピアノ教室の発表会があり、会場に伺いました。
 身内の2人がピアノ演奏で出演したのです。
 発表会に出演した皆さんの曲に耳を傾けていると、演奏にも個性が表れるということがよく分かりましたし、ピアノの音色の多彩さ、表現の豊かさにも驚きました。楽器として、とても憧れます。
 この日のプログラムの中間くらいに、ピアノ教室の若い男性の先生と、音楽仲間(ドラムとベース)による特別な演奏がありました。ジャズです。
 演奏前に、ジャズについての簡単な説明があったのですが、それがとても分かり易かったのです。
 ジャズというのは、基本的な曲のメロディーは共有しながらも、途中で、個々の演奏者がアドリブで、「自由に自分の気持ちをメロディーで表現していい部分がある」というのですね。それに、他の演奏者も呼応する。原曲にはない新しいリズムがそこに生まれるわけです。それをお互いに「次はあなた、どうぞ、前へ」という感じで、アイコンタクトで譲り合いながら曲を進めていく。
 そして最後は、基本的なメロディーに戻ってフィナーレへ。
 それを知ってから2曲(『ルパン三世のテーマ』『情熱大陸』)の演奏を聴いたものですから、ジャズの魅力が存分に伝わってきました。
 しかも、演奏の中に一種の「対話」を見出しました。音楽を通じた演奏者同士の「心の通い合い」が、メロディーや表情からビンビン伝わってきて、とても魅力的でした。
 演奏者の楽しそうな様子が、聴く側をも楽しくさせるのですね。
 ジャズといえば夜のイメージですが、日中からそのような素晴らしい演奏が聴けたことは、望外の幸せでした。
 私は、今はソロのギター弾き語りを練習しているレベルですが、いつか、音楽仲間と一緒にそうしたアンサンブルができれば、楽しいでしょうね。
 きっと音楽の素晴らしさや、奥深さが2倍にも3倍にも感じられるようになると想像します。
 音楽を通した心の通い合いを広げる。
 私の夢がまた少し大きくひらけました。
 今日も、お元気で!
Dscf3687_1

« イメージする能力を高める 〜想像力と創造力 | トップページ | 愛の花束 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イメージする能力を高める 〜想像力と創造力 | トップページ | 愛の花束 »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ