ブログ内検索

« 親子で触発し合って | トップページ | 原宿いのちの樹林で絵封筒展 »

2015年10月 5日 (月)

須玉甲斐源氏祭り

【今朝のごあいさつ 〜2015年10月5日】

 須玉甲斐源氏祭り
 おはようございます。
 昨日は、休みをとって、三男と「2015須玉甲斐源氏祭り」に行ってきました。
 わが家から車で15分ほどの「すたま森の図書館」前の広場が会場でした。
 三男が大好きな山梨県公認のローカルヒーロー出演の「甲州戦記サクライザーショー」があるということで、行きの車中からCDでテーマソングをかけて、大盛り上がりでした。
 私は、そのショーを生で見たことがありませんでしたので、楽しみにしていました。
 サクライザーのイベント運営やグッズを製作している会社は、隣町の小淵沢にありまして、先月、テーマソングCDを自宅付近まで届けてくださったご縁で、この日も中心的なスタッフの一人から親切に対応してもらえました。
 一人ひとりのファンを大切にしているんですね。この日も、悪役の出演者が、祭りの参加者がベンチに座って飲食しているところに、おもむろに近づき、隣に座って驚かせたり、話しかけたり…なかなかサービス精神旺盛です。
 都会のイベントとは違って、出演者たちとの記念写真も人でごった返すこともなく、ほとほどに。でも、グッズで身をかためた「追っかけファン」らしき人は何人か目にしました。三男もそうなるかも…笑
 この日は、秋晴れで日差しが強く、広場のベンチに座っていると、ズボンの股(もも)のところが焼けて熱くなるほど。そんな中、地元の須玉中学校の吹奏楽部の演奏に始まり、サクライザーショー(午前午後1回ずつ)、ビックバンド(ジャズ)、太鼓、よさこい舞踊、地元のバンドによる演奏、お笑いライブ(よしもとクリエイティブエージェンシー所属芸人2組)など、盛りだくさんの内容が広場やステージで繰り広げられました。
 たくさんの屋台で、めいめいが飲食物を買って食べながら、発表を楽しんでいました。
 最後には、やはり「大抽選会」。芸人たちが、ボケたり、突っ込んだりして盛り上げる中、子供たちは、ステージにかぶりつくように迫っていました。三男も、うれしそうに、ピョンピョン飛び跳ねていました。
 景品は限られているので、当たる確率は少ないのですが、それでも「もしかして…」という期待感が募って、気分が高揚するのですね。
 10月は、秋のイベントが目白押しです。
 参加したり、運営したりと、何かと忙しい月ですが、たくさんの笑顔と出会える機会が増えるので楽しみですね。
 讃え合い、感謝し合う気持ちを忘れずに。
 今日も、お元気で!
1
2
3
4
5
6
7

« 親子で触発し合って | トップページ | 原宿いのちの樹林で絵封筒展 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親子で触発し合って | トップページ | 原宿いのちの樹林で絵封筒展 »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ