ブログ内検索

« 廃材や端材を生かす | トップページ | 豊穣の大地 »

2015年10月 8日 (木)

筆の花

【今朝のごあいさつ 〜2015年10月8日】

 筆の花
 おはようございます。
 最近、無地の空きカンに絵筆を立てるようになりました。
 これまでは、使うときだけ道具箱から取り出して、デスクの上に寝かせるように並べて使っていたのです。
 やってみると、立てた方が使いやすいことに気づきました。場所もとりませんし。
 しかも、花を生けるのと似ている気がして、ふと、写真を撮ってみたくなったのです。
 高校時代にデザインを学んでいた時に使っていた平筆、大学で日本画をやっていた時の彩色筆、社会人になって、アクリル画を描くようになって買い足したナイロンの筆。1本1本にはそれぞれの思い出が詰まっています。
 家で画材を広げていると、興味をもった子供たちがいろいろ尋ねてきます。
 「これ何?」「いつ買ったの?」とか。
 中でも、木製のケースに入った油絵セットなどは、私が小学生のころに父に買ってもらったもので、それを伝えると、「え!」と少し驚いていました。
 初心者を対象とした、ぺんてる主催の写生会があり、参加者全員に配布されたものです。
 その時のことは覚えていて、父と2人で京都の円山公園でキャンバスボードに風景画を描きました。
 今思うと、父も母も私が絵を描くのが好きなことを、早くから気付いていて、幼少時にいろんな機会を与えてくれていたのですね。特に父は、自分も絵が好きだったので、美術館に連れていってくれたり、私が描いた絵を見てくれました。
 ずっと、ずっと、私が好きな道に進むのを後押ししてくれていた両親。
 自分が子供を育てる身になると、その思いや有り難さが身にしみてわかります。
 父は、もう天国にいますが、私が今も絵を描いていることを喜んでくれているかな。
 そんなことを、ふと思う時があります。
 両親にありがとうの言葉を伝えたい、朝です。
 今日も、お元気で!
1_1

« 廃材や端材を生かす | トップページ | 豊穣の大地 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 廃材や端材を生かす | トップページ | 豊穣の大地 »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ