ブログ内検索

«  ベレー富士 | トップページ | 煮物をつくる »

2015年12月 6日 (日)

ギター合奏のコンサートに行く

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月6日】
 ギター合奏のコンサートに行く
 おはようございます。
 昨夜は、仕事帰りに、お隣の韮崎市で開かれたギターアンサンブル(合奏)「アンダルシア」の定期演奏会に伺いました。
 この合奏団は、北杜高校の前身、旧峡北高校の出身者が中心となって1980年に生まれたものです。
 私が通っているギター教室の先生も夫婦で出演されるので、楽しみでした。
 開演ギリギリに入った私と長女と三男の3人は、大半の席が埋まる中、最前列の左端にちょうど空いていた3席へ。そこは、舞台上の先生と向かい合う形の“特等席”でした。
 近くで聴くのはいいですね。演奏者の表情や手の動きが良く見えます。
 曲目は、クラシックのみならず、ディズニー映画のテーマ曲やポップスなども織り交ぜてあり、演奏がより身近に感じられました。
 10人の出演者が、高音、中音、低音の各種ギターを駆使して、多重なハーモニーを醸し出されるのに、うっとりしました。
 特に身を乗り出したのは、私の先生の牧田健太郎さん、いくみさん夫妻による重奏でした。1曲目の『涙そうそう』などの沖縄メドレーは現地の弦楽器である三線(さんしん)を彷彿とさせるウクレレとギターで、2曲目は原曲がバイオリンとピアノによる合奏曲『EQUES』(TSUKEMEN:男性3人組のアーティスト)でした。
 EQUESは、初めて聴きましたが、ギターの音色にもピッタリのすごくかっこいい演奏で、魅了されました。
 演奏が終わったとき、向きあったお二人のほっとしたような微笑みが印象的でした。
 1部と2部の合間には、ゲスト出演の北杜高校ギター部の合奏「さくら奇想曲」が聴けたことも、ラッキーでした。心の中でエールを送りつつ、見知った皆さんの表情を眺めていました。
 これからも、時間をつくって生の演奏に触れ、音楽的感性を磨いていきたいと思います。
 今日も、お元気で!
1

«  ベレー富士 | トップページ | 煮物をつくる »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

«  ベレー富士 | トップページ | 煮物をつくる »

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ