ブログ内検索

音楽

2018年3月25日 (日)

いつも一緒に

わずか20分ほど練習するために
なんでギターを待ち歩くの?って聞かれたら
なんて答えようか
ひと言で言うと
ギターが自在に弾けるようになりたいから
ふた事で言うと
歌もしっかり歌えるようになりたいから
そして
わたしは音楽と共に歩んでいることを
心に刻みながら歩きたいから
高校時代にね
尊敬する現代美術家の先生が
いつもクロッキー帳を持ち歩いて
わずかな時間でも
花やら、虫やら、人物やら
目に付いたものを
鉛筆の線だけで素早く描出していた
一瞬だけ目の前に静止した虫でさえも
そんなクロッキー帳を積み重ねて
「自分の背の高さになれば一人前」
そう言って
自分の姿で教えてくれていた
クロッキー帳を持ち歩くのは
24時間、画家の目線で生きること
ギターを持ち歩くのは
音楽と共に生きていることの証
感じとった思いがメロディーとなって
そのままあふれ出す
すぐにでも表現できる
そんなことができたら幸せだろうな〜
そんな表現者になりたいな

2018年3月24日 (土)

おまもり

新曲の歌詞が思い浮かびました
これからメロディーをつけます ♪
--------------------------------
おまもり
ギュッとにぎりしめた 手のひらの中
まるく小さな白い石
数千、数万の石の中から
光る君と出会ったよ
ああどれだけ月日を重ねたら
こんなにもまるくなれるの?
明日を信じる わたしのおまもり
波立つ心に戸惑うとき
両手ではさむよ 白い石
幾重の波を乗り越えて
たどり着いた君だから
ああどれだけ月日を重ねたら
こんなにもやさしくなれるの?
手のひらにある わたしのおまもり
君のぬくもり
君の素直さ
君の清らかさ
すべてが手のひらから
伝わってくるよ
ああどれだけ月日を重ねたら
わたしの祈りは叶うの?
白く小さな わたしのおまもり


2018.3.23 TK
------------------------------

2017年2月23日 (木)

岡崎体育がおもしろい ~魅惑の3words即興ソング

去年メジャーデビューした

京都宇治市出身の

シンガーソングライターの岡崎体育さんて

皆さんご存知ですか?

今、アニメ「ポケモン」の

エンディングソングを歌っている人です

一度聞いたら忘れられない

ユニークな名前(芸名?)の付け方もうまいのですが

この人のライブがすごくおもしろいんです

とは言っても、

私は実際にライブに行ったことはなくて

YouTubeで動画を見ているだけなのですが

彼がワンマンライブで必ず披露する

3words即興ソング」が秀逸でおもしろい!

これは、

ライブの観客席から適当に3人を指名して

一人ずつ順番に、何か単語を発表してもらって

その3単語を歌詞に入れた歌を、

即興で作って歌うというもの

直近のライブでは

「生ハム」「剣道部」「抗生物質」

この一見、無関係な単語を

歌詞に埋め込み、その場で曲を作っちゃう

そんなゲーム感覚の試みなのです

観客は、次にどのように単語をつなげるのか

ハラハラ・ドキドキ・ワクワクしながら聴くわけです

何より本人が

その緊張感を楽しんでいる感があって

いいんですね~

豊かな音楽性、

隣のお兄ちゃん的な

関西弁の憎めないキャラ

「体育」のイメージとは懸け離れた

ぽっちゃり体型なのに

ダンスにキレがあるカッコよさ

ライブは理由があってすべて「口パク」

挙げればキリがないのですが

とにかく規格外のスター性の持ち主

暇があったら、一度、YouTube

覗いてみてください。^^

2017.2.23 TK

2016年1月31日 (日)

新年会/ギター教室

ギター教室の新年会に、三男坊を伴って出席しました。
集まった20人くらいのうち、大半が私より年上の男性でびっくり。
「新しい曲を習っても、前に習った曲を忘れていく」という話に深くうなずく私…笑
マスターした曲も繰り返して練習するなど、皆さん工夫されているようです。
いい刺激と、生徒同士の“横のつながり”をいただきました。
写真は、くじ引きでいただいた景品。親子ともども入浴剤でした。似た者同士の二人デス。
北杜市長坂町@ギター教室「ギタリオ」
1

2015年12月 6日 (日)

ギター合奏のコンサートに行く

【今朝のごあいさつ 〜2015年12月6日】
 ギター合奏のコンサートに行く
 おはようございます。
 昨夜は、仕事帰りに、お隣の韮崎市で開かれたギターアンサンブル(合奏)「アンダルシア」の定期演奏会に伺いました。
 この合奏団は、北杜高校の前身、旧峡北高校の出身者が中心となって1980年に生まれたものです。
 私が通っているギター教室の先生も夫婦で出演されるので、楽しみでした。
 開演ギリギリに入った私と長女と三男の3人は、大半の席が埋まる中、最前列の左端にちょうど空いていた3席へ。そこは、舞台上の先生と向かい合う形の“特等席”でした。
 近くで聴くのはいいですね。演奏者の表情や手の動きが良く見えます。
 曲目は、クラシックのみならず、ディズニー映画のテーマ曲やポップスなども織り交ぜてあり、演奏がより身近に感じられました。
 10人の出演者が、高音、中音、低音の各種ギターを駆使して、多重なハーモニーを醸し出されるのに、うっとりしました。
 特に身を乗り出したのは、私の先生の牧田健太郎さん、いくみさん夫妻による重奏でした。1曲目の『涙そうそう』などの沖縄メドレーは現地の弦楽器である三線(さんしん)を彷彿とさせるウクレレとギターで、2曲目は原曲がバイオリンとピアノによる合奏曲『EQUES』(TSUKEMEN:男性3人組のアーティスト)でした。
 EQUESは、初めて聴きましたが、ギターの音色にもピッタリのすごくかっこいい演奏で、魅了されました。
 演奏が終わったとき、向きあったお二人のほっとしたような微笑みが印象的でした。
 1部と2部の合間には、ゲスト出演の北杜高校ギター部の合奏「さくら奇想曲」が聴けたことも、ラッキーでした。心の中でエールを送りつつ、見知った皆さんの表情を眺めていました。
 これからも、時間をつくって生の演奏に触れ、音楽的感性を磨いていきたいと思います。
 今日も、お元気で!
1

2015年10月17日 (土)

絢香さんの『にじいろ』を歌ってみました

【今朝のごあいさつ 〜2015年10月17日】

 絢香さんの『にじいろ』を歌ってみました

 おはようございます。
 昨日は、自宅のリビングで、私が大好きな曲、絢香さん作詞・作曲の『にじいろ』を伴奏なしで歌ってみました。「なくしたものを数えて 瞳閉ざすよりも あるものを数えた方が 瞳輝き出す」という、前向きな歌詞にすごく共感します。
 歌っていて、とても気持ちの良い曲です。
 ギターの方も練習して、いつかこの曲の弾き語りにもチャレンジしたいです。
 まだまだ未熟ですが、聴いていただけると、うれしいです。
 今日も、お元気で!

2015年10月 4日 (日)

親子で触発し合って

【今朝のごあいさつ 〜2015年10月4日】

 親子で触発し合って
 おはようございます。
 昨日、朝から小学3年生の三男が、譜面づくりにいそしんでいました。
 歌の練習をするんだそうです。
 どこで見て発想したのか知りませんが、色画用紙の台紙に、私がコピー用紙にプリントした歌詞を貼り付けた手づくりのものです。
 表紙には、自分が歌いたい4曲の題名も。
 それで、「冬休みに音楽会をやりたい」と、またまた新企画を持ち出してきます。
 「この前、子どもフェスタをやったところじゃん」とあきれる私。
 三男の「表現したい」という欲求は、かなり旺盛です。
 私が、譜面台を使ってギターの練習をするように、三男もそれを使って歌の練習をする。
 ライバル出現です。昨日も朝から大きな声で3曲を歌っていました。
 
 それで、自分を振り返ると、似てるのですね、三男と。だから彼の気持ちはよくわかります。
 いつか、皆の前で歌を歌いたい子供たちに、発表の場をつくってあげたいな、と心から思います。
 三男は、先に行った「長坂子どもフェスタ」を企画して、フライヤー(ちらし)もつくって、たくさんの人に声をかけ、当日は司会進行を担当しました。
 フェスタを通じて、とても積極的になり、成長したと思います。
 そんな姿に、私自身も驚き、触発されるものがありました。
 こんなふうに親子で触発し合って、これからも成長するのでしょうね。
 昨日は、彼の要望で、『ロビンソン』を私がギターで伴奏し、彼が歌いました。
 いつか、親子ユニットで歌を発表する日が、きっと来ることでしょう。
 楽しみにしてくださいね。
 
 今日も、お元気で!
1
2

2015年10月 2日 (金)

『サボテンの花』ギター弾き語り

【今朝のごあいさつ 〜2015年10月2日】

『サボテンの花』ギター弾き語り

 おはようございます。

 昨日は休日でしたので、自宅で動画のアップ用に自撮りしました。
 曲目は、財津和夫さんの『サボテンの花』で、『ロビンソン』についで2曲目に習った曲です。ギターの弦(げん)を正確に抑えられていないところが何カ所もあってお聴き苦しいかもしれませんが、撮影した中で一番ましだったものを公開させていただきます。

 壁に掛かっている絵は、3年前に私が描いた『奏(かなで)』(30号)というアクリル画です。当時、ギターを初めて買って、音の世界の入口に入って感じた喜びを表現しました。

 今日も、お元気で!

YouTubeへのリンク:財津和夫『サボテンの花』ギター弾き語り(カバー) TK

2015年9月26日 (土)

【動画】 フォーティーズ(40s)が『スピッツ』をカバー

【今朝のごあいさつ 〜2015年9月26日】

 フォーティーズ(40s)が『スピッツ』をカバー
 おはようございます。
 今朝は、先日、9月23日に開催された「第1回 長坂子どもフェスタ2015」にゲスト出演した際に収録したビデオを紹介します。
 このフェスタに向けて、私は、カホン(打楽器)の工藤恭裕さんと、「フォーティーズ(40s)」というコンビを組みました。私が昭和40年生まれ、彼が41年生まれで、同世代という共通項があるからです。
 実は、このフェスタに向けて、前日のリハーサルを含めて3回しか音合わせができなかったのですが、私は、最初からすごく演奏しやすくて、一緒に演奏していて、最高の気分でした。
 私の方は、まだまだ未熟で、音楽の世界の入り口に入った段階ですが、そんな私に、誰かとリズムを合わせて演奏する至極の喜びを感じさせてくれた、相方の工藤さんに心から感謝しています。
 イベント当日は、実は、二人ともすごく緊張していたのですが、会場の子供たちや大人の方から、温かい手拍子の声援をいただき、とても気持ち良く演奏できました。
 これからも、ギターと歌を磨いて、いつかオリジナル曲を作って披露したいと思っています。
 どうか、ご声援をお願いいたします。
 今日も、お元気で!

2015年9月17日 (木)

セッションは楽し

【今朝のごあいさつ 〜2015年9月17日】
 セッションは楽し
 おはようございます。
 昨夜は、仕事を終えた後、職場にあるアートスタジオで同僚の工藤さんと、今度の9月23日の「第1回 長坂子どもフェスタ2015」で歌う曲の音合わせをしました。
 いやー、実に楽しかったですね。
 これまでは、メトロノームで一定のリズムになるように練習を続けてきたのですが、この日は、カホン(Cajón)というペルー発祥の打楽器のリズムに合わせてギターを弾いて歌いました。
 そしたら、「合わそう」と強いて意識しなくてもカホンの奏でるリズムが耳に入ってきて、ギターも弾きやすいし、とても歌いやすいのですね。新発見でした。
 まぁ、音楽でキャリアのある工藤さんが、うまく私のリズムに合わせてくださっている(乗せてくださっている)ことも大きいでしょう。
 子どもフェスタでは、財津和夫さんの『サボテンの花』、スピッツの『ロビンソン』の2曲を歌うのですが、この日は、それぞれの演奏を録画して工藤さんと振り返りながら演奏を続けたのですが、動画を見ると、初顔合わせにしては、いい感じで合っているなぁ、と思いました。
 あとは、私がコードを間違えないように弾くこと、歌詞をしっかり覚えることがポイントです。
 頭ではなく、実際に音合わせをすることで、目指すべき方向性と形が見えてきたことは、とても大きいです。
 まさか、まだ2曲しか弾けない今の段階で、皆さんの前で演奏を披露すること、しかも、セッションをすることになろうとは、想像もしていませんでした。
 が、一人で弾き語りをしている時に比べて、より楽しく、音楽の楽しさを新たに発見した気がしました。
 相方の工藤さんは、「初級者であっても人前でどんどん歌っていいんだ。むしろ、自分たちが演奏することでそれを伝えたい」と強く背中を押してくれています。いい仲間に恵まれて幸せです。
 本番まであと2回、音合わせをする予定です。
 聴いてくださった方に、何かが伝わるように、真心を込めて歌いたいと思います。
 今日もお元気で!
20150917_45302

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ