ブログ内検索

私の履歴書

2010年1月 9日 (土)

私の履歴書 ~幼稚園時代

 実は、絵を描くのが好きになったのは、幼稚園時代にまでさかのぼる。
 私が年長さん(みどり組だった)の時、広いお遊技室の真ん中に自転車を1台置いて、それを園児たちが取り囲むようにして座り、スケッチをする時間があった。
 自転車は、さまざまな形の異なるパーツが組み合わさってできている。タイヤ、チェーン、ハンドル、ペダル…等々。観察していて、すごくおもしろかった。
 画材は茶色1色のコンテ。貧しい時代だったのか、はたまたデッサンには多色は必要ないと先生が判断されたのか、幼稚園では、黒色や茶色のコンテしか見かけなかった。
 それでも、複雑な構造を目で追いながらコンテの濃い線で描き写していると、次第に全体の形が浮かび上がってきて、完成。まるで、画面の中に自転車があるように見えて、自分でもよく描けたと思った。 
 今、もしその時のスケッチを見たら、きっと線がぐにゃぐにゃで写実からはほど遠いものであったに違いない。

 しかしながら、その時に感じた「目の前にあるものを白い画面の中に再現する」ことの心地よさは、強烈な体験として私の中に根をおろしたのだろうと、今振り返って思う。

 そういえば、園児だった私は、大好きなタイガーマスクが大きくマントを広げたイラストがフタに描かれたアルミ製の弁当箱を、お遊戯室の保温庫から出し入れする時に漏れ出してくる特有の香りが好きだった。そして、食べるのが遅くていつも最後は独りぼっちで弁当を食べていたKさんを遠くから見守るように見つめていた淡い恋心も、幼稚園時代の懐かしい思い出だ。

 小関 隆史

 2010年1月9日

2010年1月 6日 (水)

私の履歴書 ~小学生時代(1)

Pict100106a  正月に母から1冊の古いアルバムを手渡された。その中には、私が生まれてから小学校の低学年になるまでの成長記録の写真が結構な枚数含まれていて、過去の自分に会ったような気がして、懐かしい思いにかられた。
 中でも目を引いたのは、2枚だけあった私が描いた絵の写真。1枚目(左)は、私が小学1年の時に描いた父親の肖像画だ。面長でヒゲが濃く、額に何本ものシワがあった父の顔の特徴がよく表れていると感心した。何の展覧会に出したのか覚えていないが、「パパ苦労をかけてゴメンナサイ賞」という札が絵の下に貼ってあるのが見てとれる。Pict100106b
 次の作品(右)は、私が小学3年の時に描いた二条城の絵。これは、近所にある二条城でスケッチ大会があった時に描いた作品。私が描いているのを後ろで眺めていた母が、何を思ったか私から筆を奪って、手前に描いていた緑色の生け垣に筆を入れた光景を、私は今もありありと覚えている。
 私は物心がついたころから絵を描くことや工作が大好きだった。

 小関 隆史

 2010年1月6日

喜びの投稿SNSサイト

フォト

日時計シリーズ


おすすめサイト

  • Seicho-No-Ie Artist Association

姉妹ブログ


  • 光のギャラリー ~アトリエ TK(新しいウィンドウで表示)

光のリンク

☆ ニュース ☆

無料ブログはココログ